TV

ズームバック×オチアイ大回復グレートリカバリー 見逃し配信 動画 再放送 2021年無料視聴 

ズームバック×オチアイ大回復グレートリカバリー 見逃し配信 動画 再放送 2021年無料視聴

2021年4月2日(金曜日)22時からで『ズームバック×オチアイ 大回復 グレートリカバリー (1)「言葉論」の動画や見逃し配信再放送の記事です

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

ズームバック×オチアイ見逃し配信動画再放送2021年無料視聴

ズームバック×オチアイ見逃し配信動画番組内容

ズームバック×オチアイ新シリーズ「大回復」放送開始!筑波大学准教授・落合陽一が編集長となり、過去の人類の歴史を巨視して未来予測。コロナ禍であえぐ今からの「グレートリカバリー」のヒントを探る!第1回は「言葉論」。失言、ネットの炎上など言葉が起こす問題が多い中、池田勇人からアメリカで話題の詩人アマンダ・ゴーマンまで古今東西の言葉にヒントを得る。あの川端康成がノーベル賞受賞直後に吐露した意外な言葉とは?

ズームバック×オチアイ見逃し配信2021年キャスト

【出演】筑波大学准教授…落合陽一

ズームバック×オチアイ見逃し配信動画再放送2021年U-NEXT

社会的に話題になっている失言や炎上について、真っ向から切り込んでいく斬新な内容になりそうで楽しみです。失言や炎上を取り上げるニュースはたくさんあるものの、失言や炎上自体を取り上げて深く掘り下げる番組はなかなかありません。現在の世の中を生きていく上で、切っても切り離せない内容を取り上げるのは新鮮な気がします。

また、アマンダ・ゴーダンさんを取り上げているのも楽しみです。アマンダさんはバイデン大統領の就任式で詩を読み、注目された方です。炎上や失言がある世の中で言葉の力がどう注目されたのか、落合陽一さんは何に着目したのかが気になります。

そして現代の人だけでなく、歴史上の人物を取り上げているのも見どころだと思います。歴史上の人物は山ほどいる中で、なぜ池田勇人を選んだのでしょうか。失言や炎上に関係あるのでしょうか。また、川端康成がノーベル賞受賞後に呟いた事とは何か、そこから何を学べるのかなど、落合流の切り込みが楽しみです。

過去や現在から学び、大回復する手段はどんな方法なんでしょうか。とても壮大な話になりそうですが、今を生きるヒントが得られるかもしれません。落合さんから学び、生きる参考にしたいです。

ズームバック×オチアイ見逃し配信動画みどころ

今は自由の時代です。「言論の自由」という事が当たり前になっています。ただ「言論の自由」というのを「何を言っても大丈夫」と勘違いしている人が多いのも事実です。SNSとかは特にそうですよね。知らない相手だからこそストレス解消のターゲットになる。だれかがこのような書き込みをしているのを見たことがあります。私自身Twitterとかは見るだけで投稿はあまりしません。自分の投稿した者に対して批判的な意見や侮辱の意見が出たら傷つくからです。しても芸能人の話題とかくらいですね。これならば当たり障りがないですから。。昔は「言っていい事、悪い事」と言う教育があったような気がしますが今のネット社会こうゆう教育はもう時代遅れなのでしょうか。でもこうゆう番組が放映されるという事は時代遅れではないんですよね。今まさに問題になっているからこそ取り上げられる「言葉論」もしかしたら私自身も思い当たる節が見つかるかもしれないので勉強と反省の意味を込めて視聴します。

ズームバック×オチアイ見逃し配信動画2021年感想

言い方一つで様々な受け取り方をされ、誤解をされる場面が多々あります。
誰かに対して発信したわけではないのに、それを利用しようと、どこでだれが悪意のある人が見てるかわかりません。
ネットでは文字が溢れていますが、感情は読み手には伝わりづらく突っかかってくる人なども見向けられます。
ましてや、ネットがあるので個人が評論したり学者気取りになったりできます。
ですが、時々そうした方々が未来を考えて発言しているわけではなく、
傷つけるためだけの言葉の使い方、単なる心の闇のようなものから使っているに過ぎない場合もあると思いました。
ネットは簡単に言葉を書き込める以上、言葉を選んで使いたい上、滅多に言葉を投稿したりするべきではないと感じています。
個人が発する意味のない言葉、分析力に劣る言葉は使いたくありません。
言葉遣いは、いつの時代も問題視されているのだろうと感じます。言葉遣い一つで人格を判断されたりもします。
重要性の低い情報と、重要な情報が混在していて、一種ネット上の言葉は混乱しているように感じます。
ステイホームからネット利用率があがり溢れ返る時もありました。
重要性の低い情報に振り回されると重要な情報が流され見えなくなるので、
そういった状態にある人が見れば少し混乱した状態がクリアーになるのではないかと期待しています。
過去の歴史上の有名な人がどのような場面でどのように言葉を使ってきたのか、実際に問題が起こった過去がどれほどあるのか、見本になればと思っています。

まとめ

メディアアーティストとして名を馳せ、筑波大学准教授を務める研究者であり、実業家、タレント、写真家、随筆家とマルチナ才能を見せる編集長落合陽一が過去の人類の歴史をヒントに未来を予測しながら“大回復”の道を探るズームバック×オチアイ新シリーズの第1回。
最初に取り上げられるテーマは「言葉論」で、失言やネットの炎上など言葉が引き起こす問題が世の中にあふれている中、日本の元首相の池田勇人や、アメリカで話題となっている詩人アマンダ・ゴーマンまで、古今東西の人物の言葉からヒントを得るとのこと。
日本で最初のノーベル文学賞受賞者である川端康成も、同賞受賞直後に意外な言葉を吐露していたそうです。
「歴史は繰り返す」とは昔から言い尽くされてきた言葉ですが、同じ人間という種の営みである以上、時代によって社会環境が大きく変わろうとも、どこか共通点のある行動を採ってしまうのだと思います。
それを逆手に取れば、未来を予測することにも繋がるという発想はとても大事だなと思います。そんな意味において、歴史を学ぶことの重要性をつくづく痛感します。
落合陽一氏が今回、過去の人物の言葉からどんなヒントを引き出すのか? 放送内容に注目したいと思います。

(無料視聴できます)

↓ ↓

ズームバック×オチアイ見逃し配信動画再放送2021年無料視聴