TV

モノづくりニッポン・2021見逃し配信・動画再放送4月1日無料視聴再放送

モノづくりニッポン・2021見逃し配信・動画再放送4月1日無料視聴再放送

2021年4月1日(木曜日)21時54分からテレビ東京で『モノづくりニッポン』が放送されます

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

モノづくりニッポン・2021見逃し配信・動画再放送4月1日無料視聴再放送

モノづくりニッポン・2021見逃し配信・動画再放送4月1日無料視聴再放送番組内容

日本社会が抱える人材不足、技術、経営…様々な課題に対してIoT・AIなどデジタル技術を駆使し、あるいはユニークな発想で躍進を続ける「新時代のニッポンのモノづくり企業」を取材。日本のモノづくりの可能性とすべてのビジネスパーソンに課題解決のヒントを紹介する…!

モノづくりニッポン・2021見逃し配信・動画再放送4月1日出演者キャスト

ナレーター
【ナレーション】滝川クリステル

モノづくりニッポン・2021見逃し配信・動画再放送4月1日はU-NEXT!みどころなど

私も安全サポートカーに乗っています。自動車学校でお勧めする車の中にあったので購入しました。やはり安全ですよね。どこかにぶつかりそうになったらブザーが鳴るし、スピードが出ていたら警告音が鳴ります。安全運転には持ってこいです。ただこれも紙一重の部分もあります。安全運転にこだわる人は少し値段が高くてもこのタイプの車を購入するでしょう。でも犯罪を起こす人はこうゆう事を考えないのです。安全サポートカーと言うのをもう義務付けてしまった方がいいのではないかなとこのURLを見て思いました。やはり値段が高いからみんな少しでも値段を抑えたくて中古車に走るのです。こうゆう番組で安全サポートカーと言うのがどれほど素晴らしくて事故防止になり警察にも捕まらないで済むというのを存分にアピールして欲しいです。顔認証システムもそうです。今はまだまだ開発段階だろうと思いますがこれがあればどれだけ安心なのかアピールする番組で会って欲しいです。この番組はモノづくりに興味のある人はもちろん。自分の身を守ろうと意識している人も多く視聴すると思います。責任の多い番組です。ぜひとも素晴らしさをアピールしてもらいみんながこの装置があれば安全なんだ。と思えるような展開を期待しています。

モノづくりニッポン・2021見逃し配信・4月1日あらすじ

私の場合は、いまだに「日本は治安の良い国だから」とすっかり思い込んでいて、自分がまさか、事故や犯罪に巻き込まれるとは思いもしないで生活しているような気がします。ですが、時代が目まぐるしく変化していく中で、目先の便利さに惑わされて、良かれと思って行動したはずなのに、「こんなはずじゃなかった」と思うようなトラブルが起こるのは確かに当然のことなのかもしれません。いま、実際どんなことが起こっていて、これから何が起こりうるのか、気になるところです。また、「顔認証システム」「安全運転サポート車」と聞くと、どこかまだ夢物語のような印象がありますし、「本当にそんなことできるんだろうか」「実現したところでちゃんと普及するのだろうか、それはずっと先の話なのではないだろうか」と疑う気持ちも出てきます。それに、そういった技術の最先端を担っているのは今や中国やアメリカといった諸外国のように思ってしまいます。国産の技術のほうが安心感もありますし、できることなら海外の技術に頼りすぎたくはないな、と思います。日本の国や企業の安心・安全にかかわる技術としてどんなものがあり、いまどこまで進んできているのか、とても興味がわいています。

モノづくりニッポン・2021見逃し配信・動画再放送4月1日無料視聴再放送視聴者感想

楽しみな所は、日本のモノづくりをテーマにしている所です。
緻密な作業も確かな技術で製品化しきた日本のモノづくりを紹介するので楽しみです。
注目ポイントは、安全運転サポート車です。
テレビで紹介されてから安全運転を車が、サポートしてくれるとは、どういう事なのか興味を持っていました。
車が、危険を先読みしてブレーキを踏んだり駐車する時のサポートなどもしてくれたらうれしい技術ですね。
高齢者に限らずに安全運転サポート技術は、どんどん利用するドライバーが、いれば事故も減りそうです。
楽しみな所は、技術開発の最前線を紹介する所です。
現在では、どこまでサポートする技術が、開発されているのか知りたいです。
安全運転サポート車の価格も紹介してくれると参考になります。
顔認証技術システムも興味深いです。
年齢を経た場合でも顔を認証するのかなど知りたいです。
人の顔は、年齢によってもかわるしメガネやひげなどをしていた場合などいろんなパターンに対応しなくては、いけないので技術開発も苦労しそうです。
安心と安全を技術でどうカバーするのか日本のモノづくりの技術に期待しています。
日本の持つ技術が、各分野で活躍する姿を楽しみにしています。

総評

“Japan as No.1″は、1979年にアメリカ・ハーバード大学教授が著した本です。
この頃、日本は国民総生産GDPがアメリカ合衆国に次ぐ第2位の経済大国で、
極東の極小国・日本が、なぜ世界の経済超大国になったかが説き起こされていました。

敗戦で破滅寸前だった日本が高度成長の時代を経て、経済強国にまでのし上った原因は、
日本人の真面目さ勤勉さや年功序列・終身雇用という安定した会社組織などいろいろ論じられましたが、
やはりその第一は優秀な技術力です。
丈夫で故障が少なくで性能が良く、しかもリーズナブルな”made in japan”製品は世界中に顧客を広げていきました。

しかし今、経済大国の座が中国に奪われ、IT関連製品などで追い付かれ追い越されて、
技術の日本という名声が失墜つつあります。
頑張って欲しいモノづくりの国・日本なのです。
だから題名の「モノづくり大国ニッポン」に心を動かされてしまいます。
「やっぱり日本は凄いんだ」というところを観て、挫けそうな気持を鼓舞したいのです。

元々、身近な製品の仕組みや製造方法には興味があります。
爪楊枝のような単純なモノでさえ製造過程を見ると、
「ホォ、そんなふうにして造られてるんだ」と感心してしまいます。
機械自体やその製造方法のそんな仕組み・システムを知るのが楽しみです。

ブレーキとアクセルの踏み違え事故など、日本の技術でなら直ぐにも解決できそうなものなのに、
と常々思っている私としては、日本のメーカーさんに随分期待しています。   

(無料視聴できます)

↓ ↓

モノづくりニッポン・2021見逃し配信・動画再放送4月1日無料視聴再放送