TV

乃木坂に、越されました。~崖っぷちAKB48の大逆襲~見逃し配信・動画・関西や名古屋北海道放送地域、放送局にない時

乃木坂に、越されました。~崖っぷちAKB48の大逆襲~見逃し配信・動画・関西や名古屋北海道放送地域、放送局にない時

2021年7月からテレビ東京で『乃木坂に、越されました。~崖っぷちAKB48の大逆襲~』動画見逃し配信再放送も記事です

関西,大阪,名古屋,北海道,福岡,岡山,広島の放送局放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

乃木坂に、越されました。見逃し配信・動画・再放送

乃木坂に、越されました。~崖っぷちAKB48の大逆襲~ 番組内容

未定

乃木坂に、越されました。~崖っぷちAKB48の大逆襲~ キャスト

AKB48

————————-

乃木坂に、越されました。~崖っぷちAKB48の大逆襲~ 再放送はU-NEXT番組内容

なかなか過激なタイトルの番組名になるようですね。
AKB48と言えば、元々東京の秋葉原にある専用劇場を拠点に、「会いに行けるアイドル」をコンセプトにした斬新なアイドルグループとして注目され、メディアへの露出が増えてきたかと思うと、瞬く間に人気が沸騰し、地方にも姉妹グループが次々に誕生してアイドル界を席巻したイメージがあります。
特にテレビで中継放送されるまでに至った、選抜総選挙と銘打つファン参加型イベントは、賛否はあれど、世間に強烈な印象を与えましたね。
そんなアイドル界の頂点に君臨するようになったAKB48に対して、同じ秋元康氏がプロデュースを手がけた乃木坂46は、静かに人気を高めてきたように記憶しています。
私は特定のアイドルグループのファンではなく、アイドル界の動向にそんなに詳しくないので、テレビなどのメディアを通じた情報しか分からないのですが、乃木坂46はじわじわとメディアへの露出を増やし、気がつけばアイドル界の天下を取っていたという印象です。
どちらかと言えば、乃木坂46の手法の方が、アイドルとしては昔からの王道スタイルで、AKB48の方が特殊だったのかも知れませんね。
今回の番組は、そんな乃木坂46の人気に押されつつあるAKB48によるカウンターとして企画された番組のようで、一体どんな手で反撃に打って出るのか?

乃木坂に、越されました。~崖っぷちAKB48の大逆襲~ あらすじ

乃木坂に人気を越されてしまったAKBですが、私が以前考えたことがあることは、AKBの人気が落ちたというよりかは秋元康氏がどうも坂道グループのほうにばかり力を入れているのではないかということです。
もちろんAKBのことも大切にしているとは思うのですが、坂道グループの露出のほうが今は断然多いですよね。
また、AKB以外のSKE48やNMB48などはもうすっかりテレビで見ることもほとんどなくなってしまいました。AKBが全盛期だった頃は結構テレビにも出ていたんですけどね。
今は乃木坂か日向坂、そして櫻坂ということでなんか悲しいです。
この番組ではAKBが乃木坂に逆襲をするということですが、どんな逆襲をするのでしょうかね。
元々は公式ライバルということで作られたグループでしたが、AKBのメンバーも人気が抜かれてしまうなんて考えてもなかったと思います。
私はメンバーはあまりよく分からないのですが、AKBの曲が好きです。
やっぱり人気だったメンバーと言えば前田敦子さんですよね。
あっちゃんが卒業したあたりからだんだん人気に陰りが出てきたように思います。
けど、あっちゃんが卒業したあとのシングルでもいい曲はいっぱいあります。
でも一般的に知名度が高いのはヘビロテとかフライングゲットなどでしょう。
こじはるが卒業した時のシングル、シュートサインは70年代を彷彿とさせる楽曲で名曲です。
まゆゆが卒業した時の11月のアンクレットもどこか懐かしい雰囲気のする名曲です。
でも乃木坂の方がその時既に人気だったので知らない人もいっぱいいることでしょう。
逆襲を頑張って欲しいです。

乃木坂に、越されました。~崖っぷちAKB48の大逆襲~ 視聴者感想みどころ

こんなAKBの番組が始まるということがちょっとショックです。
以前はAKBは冠番組を色々持っていましたが、今はないですよね。
あれだけ人気で国民的アイドルとも呼ばれたAKBが落ちぶれてしまったかのようで、乃木坂などの坂道グループに人気を抜かれてしまったということが残念です。
私がAKBを初めて知ったのはまだインディーズの頃でした。
深夜アニメを見ている時にテレビでCMが流れていて、桜の花びらたちが流れていました。
こういうアイドルが新しく出たんだーと思いました。
その後民放の音楽番組に出ているのを見て、パンツを見せてダンスしていたのは衝撃を受けて同じ女性として正直嫌悪感がありました。
しかし、ダンスはともかく曲があまりにも良過ぎてその曲は今でもAKBの中でも好きな曲上位にあります。
乃木坂の皆さんには申し訳ないですけど、乃木坂などのグループの人気が出たのは全てAKBのお陰でもあると思います。
もしAKB48というグループがそこまで認知度がなく、地下アイドルのままで終わっていたとしたら乃木坂に注目が集まることもきっとなかったことでしょう。
乃木坂の歌はあまり知らないのですが、曲も断然AKBの方が神曲がいっぱいだと思います。
知ってるメンバーはもうほとんどいなくなったものの、でも劇場公演は相変わらず続いており、その中ではかつて先輩たちが歌っていた初期の頃の曲も歌われたりしています。
本当に初期の劇場公演曲というのは、シングルカットしてもおかしくないくらいいい歌ばかりなんですよ。
それなのにどうして乃木坂が…という気持ちでいっぱいです。

まとめ

このタイトルから見て、ある意味捨て身の挑戦のような印象を受けました。一時代を築いたAKB48がライバルとして作られた乃木坂46の勢いに押されている今の状況を番組のタイトルにしてしまうところがとても面白いと感じました。会いに行けるアイドルとして今の女性アイドルの基礎を作ったAKB48が乃木坂46に対してこのようなタイトルで挑むところがある意味では下克上のように感じて、とてもワクワクしています。大衆人気が強く、今や国民的なグループとなった乃木坂46に対して、神セブン卒業後オタク人気で保ってきた印象のあるAKB48がどのような企画で、スタイルで国民に愛される楽しまれる番組を作っていくのかがとても楽しみです。IZONEとして世界で活躍して帰ってきた本田仁美や、韓国でデビューを逃したが世界的に人気があるメンバーもいるのが今のAKB48です。乃木坂46とは違った魅力を改めて発信してくれるのではないかととても期待しています。このようなタイトルを付けた以上アイドルという枠にとらわれない大変な企画や、インパクトの強い企画もどんどん挑戦出来ると思います。ライバルグループに対してどのような戦略で戦い、かつての国民的なグループに返り咲いていくのか楽しみです。

乃木坂に、越されました。動画 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】、tver(て ぃ ― っ ば ディーバー・ティバー・テォバー)でみれませn
(無料視聴できます)

↓ ↓

乃木坂に、越されました。見逃し配信・動画・再放送