バラエティ倉庫

全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)見逃し配信2021再放送動画フル無料視聴

全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)見逃し配信2021再放送動画フル無料視聴
ということで記事をお伝えします。

下記で(無料視聴できます)

↓ ↓

第33回全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)見逃し配信動画2021再放送フル無料視聴(9月18日日テレ放送ネット配信はこちら
————————-

創作ダンスの全国大会。コロナ禍で2年ぶりの開催となった今回、高校生・大学生が思いを込めて披露した情熱あふれる演技は必見!自身も出場経験がある土屋太鳳が案内する。

番組内容

創作ダンスの全国大会で毎年、8月に神戸で行われているダンスフェスティバル。今回は高校85校・大学24校が出場した。受賞作品を中心にハイライトで伝える。去年は新型コロナの影響で中止に。2年ぶりの開催となった今回、若者たちはいろいろな思いを込めて臨んだ。自らで考えた独創的で情熱あふれる演技は必見!自身も創作ダンスに青春をかけ、高校時代にこの大会に出場した経験がある女優の土屋太鳳がナレーションを担当。

出演者

【語り】土屋太鳳

全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)見逃し配信ストーリー

ダンスフェスティバルといっても色々なタイプのダンスの部分があるというのは飽きることなく見ることができそうなのは良さそうな所であると思います。全日本高校・大学ダンスフェスということですから、高校と大学ということで結構技術差が出てくる感じがあるとは思うのでその点を比較してみることができたらなとは思います。優劣、差があるというほどのことではないにしてもやはりダンスの綺麗なんかは大学の人達の方が優れている可能性は高いのではないかと個人的には思うのですがどういうところも確認したいところです。それと創作ダンスというのが基本になるのでしょうがどういうテーマでやるのかみたいなことも含めるといろいろと見方が変わってきたりとかするのではないかな、と思っているのでそうした観点で見たいと思っています。結構雄大そうなダンスなんかもありそうです、シュールな感じのダンスもありそう、というのもどちらも期待できそうなのがよいです。

全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)見逃し配信みどころ

第33回目となる全日本高校・大学ダンスフェスティバルが、神戸で開催されました。全国各地の高校・大学のダンス部が、熱い思いを創作ダンスで表現する今大会は、多くの人が注目していることと思います。神戸の夏を彩った数々のダンスは、見逃せませんよね。まず創作コンクール部門では、舞踊家や舞踊評論家、舞踊研究者らが審査を行います。踊りのプロである審査員たちは、彼らの創作ダンスをどう評価したのでしょうか。そして参加発表部門では、HIP HOPや民族舞踊など、様々なダンスで参加することができます。創作ダンスというジャンルにこだわらない分、色んなアプローチができそうですよね。果たしてどんなダンスを見せてくれるのか、ワクワクします。様々な出来事があった昨今ですが、彼らのダンスへの情熱は変わることなく、燃え続けてきました。辛い日々を乗り越え生み出されたダンスは、多くの人を魅了することと思います。同じ思いを持った仲間とともに紡ぐダンスは、見ている方も勇気をもらえること間違いなしです。彼らがダンスで表現する思いを、存分に堪能したいと思います。

全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)見逃し配信あらすじ

高校時代、それは人生で一度しかない時。その時に、スポーツ、恋愛、勉強、何でせよ、一つのことに捧げられるというのは、かげがえのないこととだと思う。大抵の人というのは、ボンヤりとして3年もの月日を過ごしてしまう物であろう。それを、たとえば、高校からダンスを始めたとする。すると、世界が一変することはおそらく間違いでない。
私は先日もテレビで特集を見たばかりだ。高校の3年間は序列が絶対。しかし、スポーツでは例外だ。ダンスといえば一昔前は娯楽のイメージかもしれないが、もはや、全くスポーツなのだ。それを部活の一つとして有力校となっている学校も少なくない。そこでは、1年生であれど、力があれば3年、2年の中に平気で交じって自らを全力で表現するのだ。
一度大会を見たならばわかるだろう。ここで言うダンスが何なのか。君が思うダンスが何だったのか。きっと、息を飲むばかりだろう。そして、目が離せなくなる。なぜならば、まだ、ここから飛び立つ彼女、彼らしかここにはいないからだ。きっと、ダンスか、あるいは違った形にせよ、この子達は表現することを決してやめないだろう。今あなたが感じたパッションと共に、しばらく先の未来を共に祝おう。

まとめ

ダンスと聞くと、私が現役の学生時代だった当時は、学校の部活動としてあまりメジャーとは言えない状況でしたね。運動部と言えば、私が通っていた高校はバスケットボールの強豪校でしたが、世間一般的には野球やサッカーといった球技、それに陸上や水泳といった競技が花形扱いされていたように思います。そんな思いが強かったために、私の地元のとある高校のダンス部が全国的に有名になった時は驚きましたし、それからほどなくして、ダンスが高校や大学の部活動としてメジャー化したことに戸惑いすら覚えたほどです。しかしながら、実際に学生たちが集団で繰り広げる、ダンスという名の一糸乱れぬ動きは、見ていて魅了されてしまいますし、それだけの技芸を完成させるのに、数多の練習を積み重ねてきたことは容易に想像できます。今回の『第33回全日本高校・大学ダンスフェスティバル』は、そんな努力を積み上げてきた学生たちの成果が発表される場ですが、折からのコロナウイルス禍により、無観客での開催となったことは残念ですね。しかしながら、オンライン配信は行わるようで、高校の部と大学の部に分けて行われる舞台において、学生たちがどんな磨き上げられた技をダンスとして披露してくれるのか、見応えがありそうでとても楽しみです。

下記で(無料視聴できます)

↓ ↓

第33回全日本高校・大学ダンスフェスティバル神戸見逃し配信動画2021再放送フル無料視聴(9月18日日テレ放送ネット配信はこちら