TV

俳句甲子園 2021 見逃し配信・動画・再放送・高校生・9月25日無料視聴する方法

それでも詠む、青春の17音〜
俳句甲子園2021見逃し配信・動画・再放送・高校生・9月25日無料視聴する方法

NHK Eテレで

それでも詠む、青春の17音〜俳句甲子園2021が放送されます

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

俳句甲子園2021見逃し配信・動画・再放送9月25日無料視聴する方法

番組内容

この夏、俳句に青春をささげた高校生たちの物語▽文化系部活動の一大イベント俳句甲子園!5・7・5の17音に込めた思いとは!?▽高校日本一めざして詠んだ熱い3か月

番組内容

「土曜日は父の手づくりなる夜食」「なんとなく泣きたい夜や麦茶煮る」「艶めくやまがきの菊に雨しきり」▽17音に託した日常・重ね合わせた青春の悩み・・・俳句は心を映し出す鏡だ!▽コロナ禍の今夏も行われた“俳都”松山・文化系高校生の祭典「俳句甲子園」!▽高校日本一は誰の手に!?涙あり笑いあり、俳句づくりの熱い3か月間に密着▽俳句と過ごした高校生たちの青春グラフィティー
出演者

【語り】奈緒

俳句甲子園2021無料視聴見逃し配信・動画・再放送9月25日はU-NEXT!キーポイント

野球の甲子園にちなんで、高校一を決める大会には「○○甲子園」と名付けられることがよくありますが、俳句で高校日本一を争う大会があるとは知りませんでした。俳句自体、それほど身近なものとは言えませんが、それに青春をかけた高校生たちが出場するこの大会は、他の○○甲子園とはまた違う趣があってとても面白そうです。
世間的に5・7・5で表現される詩で有名なのは、毎年風刺を楽しませてくれる“サラリーマン川柳”ですが、そちらとは違って季語を必要とする俳句は、俗世から離れた芸術性が求められます。俳人と呼ばれる専門職の人も居るほどで、高校生でどんなそれが詠めるのかが楽しみでもあります。
また、大会というからには当然審査員が登場するのでしょうが、そちらに名立たる先生方が名前を連られており、テレビのバラエティ番組でお馴染みの夏井いつき氏の名前も見付かったことから、学問一辺倒ではない面白さにも期待しています。
参加高校に「高校生クイズ」でもお馴染みの名門開成高校のチームが2つ登場するようですが、よもや同校同士の戦いが行われるのかも知れないので、そちらも楽しみにしています。

俳句甲子園2021見逃し配信・動画・再放送9月25日みどころ

俳句と言うと結構難しいルールがあると思うかもしれませんが割といくつかのポイントを押さえてさえいればその俳句の良し悪しと言うか何となく雰囲気を理解することができるのが好きです。ですから、この俳句甲子園2021も知らない人でも見ててよく分からないということは日本人であるならばそこまでそんな状況になるということはなさそうなので十分にみる価値はありそうです。俳句というのは色々と題材があってそれを競うというような感じになるのでしょうからその点の部分にも注目したいところです。俳句の良し悪し自体は私もよく分からないという部分がどうしてもあるわけですが甲子園というくらいですから、競う感じにはなるのでしょうからその競う時の配点の説明なんかもあるとみている側としては助かります。俳句の良し悪しの判断というのができない上でも楽しむことができると言うか、見ていて面白そうな大会であるということを期待したいところです。こうした番組、大会を見まして自分も俳句なんかをやってみようかな、なんて思わせてくれるような内容であればとてもうれしいところです。俳句自体は手軽にできそうではありますから、そのくらい見ている人を楽しませてくれることを期待しています。

俳句甲子園2021見逃し配信・動画・再放送9月25日あらすじ

俳句は季語をテーマに作っていきますが、今年は世の中の状況なども含めて心情が読まれて行きそうで 注目しています。言葉のセンスなど、高校生達が頑張って紡ぎ出す言葉の一つ一つがキラキラしていそうです。どの高校が優勝するのか楽しみです。私自身松山の出身でしかも俳句の盛んな 町に住んでいたため、俳句は身近にありました。小学生の頃から毎月一回以上は季語を意識して選んでいたと思います。そんな松山出身の高校生達も俳句を読み続けていて、スキルは自然とついているはずです。そんな中の日本一を決めるということなので、活気付くはずです。まだまだコロナ禍の中気持ちが 塞ぎ込むこともありますが、パッと明るく爽やかになるような俳句を見てみたいです。それと同時にこんな状況だからこそ、風情のある俳句も生まれそうな気がします。双方の趣も感じながら、作り出される俳句に注目したいです。 頑張って俳句を読んでいる姿を見ると久しぶりに俳句を読んでみたい気にもなってきそうです。 季語を意識して読むと、頭の体操にもなりそうで 良いです。 短い言葉で人を感動させたり、ハッとさせたりする俳句の魅力が伝わるきっかけになれば良いなと思います。

まとめ

この番組は、若々しいエネルギーに満ちた高校生たちが、「今この瞬間」の気持ちを俳句に乗せて詠みあうのが見どころだと思います。現代の学生たちは、コロナ禍でひとときの青春を奪われてしまった人がほとんどです。そんな中、高校生たちは何を思い、何を伝えようと俳句を紡ぐのか。結果だけでなく、俳句づくりの過程にまで密着したドキュメンタリー的な構成も、視聴意欲をそそられます。
個人的に気になるのは、最近はクイズや音楽系の部活など、文化部にフォーカスした番組が多いなかで、「俳句」をどういった位置付けの部活として扱うのかという点です。文化部の中でもマイナーな部活であるがゆえに、興味がある人も多いのではないでしょうか。生涯を通じて楽しめる「俳句」を知る機会にもなると思います。小学生や中学生が見た時に、年配の人が詠んでいるよりも歳の近い高校生が詠んでいる方が親近感も湧くと思います。
『俳句甲子園』というネーミングも、どんな熱い俳句バトルが繰り広げられるのかとドキドキします。この番組を見終わった後は、きっと自分も俳句を作ってみたいと思うだろうと思います。土曜の午後ということで、リアルタイムでの視聴が難しいので、録画してぜひ見てみようと思います。

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

俳句甲子園2021見逃し配信・動画・再放送9月25日無料視聴する方法