バラエティ倉庫

イッピン 挑戦する心を受け継ぐ岐阜 和紙製品 見逃し配信 動画再放送2021年10月1日

イッピン 挑戦する心を受け継ぐ岐阜 和紙製品 見逃し配信 動画再放送2021年10月1日

2021年10月1日~NHKにてイッピン 「挑戦する心を受け継ぐ〜岐阜 和紙製品〜
が放送されます。

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

イッピン 挑戦する心を受け継ぐ岐阜 和紙製品 見逃し配信 動画再放送2021年10月1日から無料視聴で見る方法

桜の花の形をした優美な日傘、斬新でモダンなランプシェード。「岐阜和傘」と「岐阜提灯」、それぞれの若手職人が作る和紙製品だ。伝統をつなぎ挑戦する彼らの姿を追う。
番組内容

「和傘」と「提灯(ちょうちん)」は、どちらも美濃和紙を生かした岐阜の伝統工芸品。それぞれ若手職人が新たな試みに乗り出している。女性の和傘職人が作るのは、なんと桜の花の形をした日傘だ。そして、老舗の提灯製造会社が作るランプシェード。デザインしたのは世界的なデザイナー。その細かな要求に応えたのは、当時まだ入社2年目だった職人。その裏には師匠への思いが隠されていた。伝統をつなぎ挑戦する職人たちを追う。
出演者

【語り】平野義和

イッピン 挑戦する心を受け継ぐ岐阜 和紙製品 動画再放送見逃し配信はU-NEXT

U-NEXTは最高の動画配信サービスだと思います。見られる動画が多くて見やすいですね。バラエティ番組が大好きなんですが昔見逃したバラエティ番組が配信されていたりします。これはとてもありがたいことです。映像もとても綺麗に見れてストレスがないですし途中でとまったりバッファリングが悪いということもないのでいいのです。こんな貴重な映像が月々とてもリーズナブルな価格で見放題なのですから重宝しております。その他にも映画はたくさんありますね。映画好きな人はたくさんいると思いますのでそういう人にはぜひおすすめしたいです。あっという間に元はとれると思いますし色々な映画を知ることができますし知識が増えていきます。日本のドラマも見れます。古くて見逃したものやレンタル店にもないものもあります。購入するととても高いものでも見れちゃうのでとても嬉しいです。古いものでも心に残って感動できるものもありますし、自分の人生に影響を与えてくれる優れた作品はたくさんありますのでこういう配信サービスは素晴らしいと思います。U-NEXTは本当に多くの人に知ってほしいですね。私もこれからもずっと付き合い続けていきます。

イッピン 挑戦する心を受け継ぐ岐阜 和紙製品 動画再放送あらすじ

面白そうな所は、岐阜の伝統工芸を特集している所です。
日本の伝統工芸は、繊細でとてもきれいだと思うので作品の紹介も楽しみです。
今回は、和紙で作る工芸という事で興味深いです。
和紙は、絵柄もたくさんありみているだけでもきれいで楽しいですね。
注目は和紙で作る岐阜和傘と岐阜提灯です。
着物に似合いそうな商品で素敵ですね。
注目は、岐阜和傘のデザインです。
桜の形をしている日傘という事で女性に人気になりそうです。
女性職人の方が、考案したという事で伝統工芸に女性ならではのセンスが、光った作品だと思います。
普段使いの日傘を商品にするというアイデアも良いと思いました。
和紙を使ったランプシェードもおしゃれで良いですね。
しかも世界的なデザイナーが、デザインしているというのも注目ポイントですね。
自粛生活もおおいなかでおうち時間をどれだけリラックスできるのかも重要視されていると思うので和紙を使ったランプシェードでゆったり過ごすのも良いなと思いました。
面白そうな所は、伝統工芸の世界で活躍する新人職人を特集している所です。
伝統工芸の職人をなぜ目指そうと思ったのかや師匠との関係など知りたいです。
伝統工芸を若い職人たちが、引き継いでくれていると分かり頼もしく感じました。

イッピン 挑戦する心を受け継ぐ動画再放送見逃し配信岐阜和紙製品みどころ

美濃和紙を生かした岐阜県の伝統工芸品である和傘と提灯を作る職人たちに密着し、その職人技や伝統工芸の魅力などを深掘りするという内容はとても面白そうで楽しみです。毎回、日本の様々な伝統工芸品を作る職人たちに密着し、唯一無二の職人技を徹底解剖する番組ですが、今回は美濃和紙を使って伝統にとらわれない作品を作る女性職人や有名な老舗会社にスポットを当てるということで、とても楽しみにしてしまいます。美濃和紙を使って和傘を作る女性職人は、美しい桜の形をした斬新な日傘を作り上げるということで、どんな優美な日傘が出来上がるのか気になってしまい、とても面白そうで楽しみにしてしまいます。そして老舗の提灯製造会社でモダンなランプシェードを作るのは、世界的に有名なデザイナーの要求に応えたという若手職人ということで、若手職人が美濃和紙を使ってどのようなランプシェードを作り上げたのか気になってしまいます。そんな日本の伝統を学びながらも、新たなことに挑戦する職人たちの姿が見られるのも楽しみで期待してしまいますが、和紙を使ってどのような作品を作り上げるのかという工程も楽しみで、出来上がった美しい作品にも注目してしまいそうです。

まとめ

私はツイッターをしているのですが、今日もテレビ番組の動画をツイートしている人たちを見てしまいました。
本とにあきれて何もいえないです。
ある番組が特番として放送されて、動画つきでツイートしながら「面白かった」「最高」などと、番組名のハッシュタグをつけてツイートしているのです。
そういうことは自分の胸の中だけにしまっておきませんか?
ハッシュタグをつけて番組の感想をつぶやくのは大いに結構です。
テレビ局の関係者の方の目にも留まって読んでもらえるかも知れません。
だけどそこに動画は本当に必要でしょうか。権利を侵害しているということに気づいて欲しいです。
ちなみにそのテレビ局は特に著作権に関しては厳しいほうのテレビ局です。
アップしているほうは深く考えたこともないでしょうけど。
その動画つきのツイートにたくさんのイイネやRT、そしてコメントが付いていることも問題だと考えています。
自作のすばらしい動画にたくさん反応があるのは歓迎ですよ。
しかし、テレビの画面を撮影して載せた動画にたくさん反応があるというのは考えなければならないですし、それこそテレビのスタッフが見ていたら法的措置をとることにもなるかも知れませんね。

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

イッピン 挑戦する心を受け継ぐ岐阜 和紙製品 見逃し配信 動画再放送2021年10月1日から無料視聴で見る方法