TV

新日本風土記 明治維新への旅 見逃し配信 動画 再放送 第1回フルに無料視聴

新日本風土記 明治維新への旅 見逃し配信動画再放送第1回フルに無料視聴

NHKBSプレミアムで2021年9月30日に新日本風土記 選明治維新への旅が放送されます。

下記で(無料視聴できます)

↓ ↓

新日本風土記 明治維新への旅 見逃し配信動画再放送第1回フルに無料視聴

番組内容

明治維新から150年。激動の時代が日本の風土に残したものをたどるシリーズの1回目。龍馬が脱藩した高知の山間の町ではいま…。(2018年放送)

明治維新から150年。激動の時代が日本の風土に残したものをたどるシリーズの1回目。龍馬が脱藩した高知の山間の町では、龍馬姿にふんした男たちの姿が。彼らから見える土佐の気質とは?最後の将軍・徳川慶喜を護衛していた精鋭たちは、刀を捨てくわを手にする。生み出したのは後に静岡の名産となるあの産物。山形・庄内地方と西郷隆盛の絆、水戸藩の悲劇などを描きながら、いまにつながる明治維新を見る。(2018年放送)
出演者

【語り】松たか子,中條誠子,井上二郎

新日本風土記 明治維新への旅 見逃し配信動画再放送第1回フルに無料視聴はU-NEXT

U-NEXTのサービスは元々テレビ向けのものだったということをご存知でしたか。
10年くらい前まではまだ、パソコンやスマホなどでは見ることが出来なかったのです。
ちょっとびっくりしてしまいますよね。
10年後にこんなことになっていたことを想像していた当時の会員の方や働いている社員さんはどれくらいいたことでしょう。
テレビで見るのも良いですが、今はパソコンやスマホが身近なものとなりました。
テレビの電源をポチっと入れるような気持ちで、U-NEXTを開いて動画を見たりするような感覚です。
テレビを見られるサービスに契約をするのって面倒くさいイメージがありますが、すぐに登録できてすぐに動画を見ることが出来ますよ。
実際に使っているユーザーからの満足度も高めです。
ポイントを実際の映画館などで使用することが出来たり、まず動画の数が豊富だから見飽きてしまったり使い飽きるということがないのです。
新しい動画も続々入ってきたりしますし、退屈することはありません。
もちろんテレビに専用の機械を接続して番組を楽しむことが出来ますよ。
大きな画面で高画質をご堪能ください。
音の質も良いので迫力を楽しむことも出来ますよ。
映画が好きな方は特にいいと思います。

新日本風土記 明治維新への旅 見逃し配信動画再放送みどころ

坂本龍馬という人の魅力はどこにあるのでしょうか。功績としては薩長同盟の成立や海援隊の設立など、今さら語るまでもなく知られており、歴史の教科書には肖像画とともに必ず出てくるビッグネームではありますが。老若男女問わず彼に憧れを抱く人は多く、かの河島英五さんも「龍馬のように(生きていきたい)」と歌っておりました。時代を超え、我々の多くを惹き付けてやまない龍馬の魅力。それはまだまだ閉鎖的な世界であった当時の日本において旧来の価値観に囚われることなく自由に動き、あくまで自分の人間力でもって大きなことを成し遂げた、実に夢のある人生を過ごした方だったことに起因するのではないかと思います。
小説や漫画など、後世の創作物の中での龍馬はどんな人物だったでしょうか。整えていないぼさぼさ髪に乱れた着物、無精髭、刀の雨でもそこそこながら拳銃も使いこなす合理性。日本人が日本しか知らなかった時代にどんどん海外へ出て活躍するグローバルな視点を持っていたこと。師匠である勝海舟にも「~ぜよ勝さん」と物怖じせず接するざっくばらんさ。総じてまとめると多くの人の持つ龍馬像は型破りで自由気まま、奔放という言葉を体現するような人だった、ということに尽きると思います。今も昔も人は皆、「自由気まま」に憧れながらも、なかなかそうは生きられないもの。「龍馬のように(生きたい)」という憧れは、我々人間が普遍的にもつ人生への憧れそのものなのかもしれませんね。

新日本風土記 明治維新への旅 見逃し配信動画再放送第1回あらすじ

明治という時代が何故我々の興味を惹き、様々な創作の舞台となったり、こうしたドキュメンタリーが作られているのか。それはこの時代が日本の歴史における大きなターニングポイントであり、それまで基本的に日本及び隣国だけで完結していた世界が広く拡がり、遠く離れた西洋文明という、まったく異質の文化と混ざりあった期間であったからではないでしょうか。それまでにも古くシルクロードの時代の文化交流や戦国時代のキリスト教伝来など、部分単位で舶来の文明との交流はあったとはいえ、ここまで完全に日本全体が他の文明と混ざり合い、新しいものへ変わっていった時代というのは他にはない。古いものと新しいもの、混在する価値観の中で様々な生き方を選んでいった人々。そのひとりひとりにドラマがあり、そのひとりひとりが実に魅力的である。この時代は現在の、東西両文明の混ざりあった多角的な側面のある日本という国、そのベースが造り上げられた時代であり、我々にとって旧く感じつつも最も共感できる時代であると言えるでしょう。
激動と言われた明治の時代、それに劣らず現在の日本は混乱と迷走の中にあります。この令和という時代が、のちの世の日本の良き礎となる時代となるよう、切に願う次第であります。

新日本風土記 明治維新への旅 まとめ

欧米列強各国が植民地獲得競争を繰り広げていた時代にあって、日本が奇跡的な近代化を達成した明治維新から150年が経つのを機に、その時代の激動が日本の風土に残したものをたどろうという企画の第一弾。
明治維新の立役者としては様々な人物の名前が挙げられますが、薩長同盟の仲介をしたことで知られている坂本龍馬は、その言動の奇抜さもあり、代表的な人物の一人と言えるでしょう。
今回はそんな土佐藩出身だった坂本龍馬の足跡を追って、高知県の山間部の町で、坂本龍馬の姿に扮した男性たちの姿を紹介してくれるとのこと。一体どんなは気質が、令和の時代となった今に至るまで受け継がれているのでしょうか?
また、徳川幕府最後の将軍となった徳川慶喜を護衛していた精鋭たちは、武士という身分が消えてしまう中、刀を捨てて慣れない鍬を手にし、後に静岡県の名産品となるものを生み出したそうです。一体何を生み出したのかとても気になりますね。
さらに山形県・庄内地方と薩摩藩の西郷隆盛との絆、水戸藩を襲った悲劇などを振り返りながら、明治維新と風土との関係を振り返るそうです。
明治維新が各地方の土地に残した記憶。とても興味深くて放送されるのが楽しみですね。

下記で(無料視聴できます)

↓ ↓

新日本風土記 明治維新への旅 見逃し配信動画再放送第1回フルに無料視聴