バラエティ倉庫

言葉にできない、そんな夜。見逃し配信・動画再放送(エモい)フル無料視聴10月8日

言葉にできない、そんな夜。見逃し配信・動画再放送(エモい)フル無料視聴10月8日

NHK eテレで2021年10月8日(10月9日)に言葉にできない、そんな夜。
が、放送されます

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

言葉にできない、そんな夜。見逃し配信・動画再放送フル無料視聴10月8日はこちら

 

番組

言葉にできない“エモい”気持ちを解剖し、ぴったりな表現を探していく新感覚の日本語番組。言葉のプロたちは、一筋縄でいかない感情をどのように表現するのか?
番組内容

「夏の終わりに感じるなんとも言えないあの気持ち」「大仕事が終わった時の達成感と脱力感」など、日常にあふれる一筋縄でいかない複雑な感情。これらの言葉にしづらい“エモい”感情を解剖し、自分の気持ちにぴったりな表現を探していく。またこうした瞬間を言葉のプロはどう表現しているのか。文豪作品をひもとくとともに、人気作家やミュージシャンが番組のために書き下ろした表現を味わい、言葉の面白さ、奥深さを伝える。
出演者

【出演】伊藤沙莉,小沢一敬,小森隼,ヒャダイン,吉澤嘉代子

言葉にできない、そんな夜。見逃し配信・動画再放送フル無料視聴10月8日U-NEXT!違法サイトはダメ

違法動画アップロードは、文字どおり違法です。法律にふれるということは、当然社会的なルールに反する事ですので、社会悪であることは明確です。また、違法動画アップロードは、文字どおりアップロードをすることです。アップロードするということは、それをダウンロードする人がいる、ということです。つまりは、違法な供給と需要が行われます。ネットですから、やっている本人はリアリティーを感じることができず、罪悪感も薄れているのかもしれません。しかし、そこには誰かが必ず損をしているし、被害を被っているはずです。例えば映画や音楽の違法アップロードはその代表と言えるでしょう。それだけでなく、他人の動画は個人情報の流出に繋がります。これをネットではなく、現実の世界で考えてみると、その違法性の重さがわかるはずです。例えば、勝手に他人の絵や音楽、映画を真似て、それを展示会やコンサート、映画上映した場合等をイメージすれば、自分はそのようなことを軽々と出来ないと誰もが想像出来るはずです。また、ビデオカメラで許可なく他人の動画を撮って、その画像を友達や知らない人に渡す、そんな人がいたら、違和感を覚えます。これと似たことがネットで行われていると想像すると、いかに違法動画アップロードが社会悪であるかわかります。

言葉にできない、そんな夜。見逃した方あらすじ

小田和正さんの歌「言葉にできない」という言葉自体も立派な表現だと思うのですが、何とも言えない感情をきちんと言葉にして表せるのは素敵だと思います。言葉のプロたちはどんな表現をするのか、楽しみです。自分では想像もつかなかったような表現にはっとさせられるのか、私も同じ 言葉を使うと共感するのか、どのような感情になるのかワクワクします。小沢さんは 芸人としてのネタも甘い言葉を紡いできた印象があるので、ロマンチックな表現になりそうだと思いました。反対にシャープな表現をする小沢さんも見てみたいと思います。夏の終わりは確かに虚しいような悲しいような複雑な思いがしていました。おそらく子供の頃長い夏休みが終わり学校が始まるという少し嫌な感情があるため、そのように思ったのだと思います。私だとこんな表現ですがもっと短くパッと鋭い言い回しがあれば、納得できるのではないかと思いました。お仕事は終わった後もやり遂げたという達成感があるものの、あの忙しさが懐かしいような仕事を詰め込んでいた時の方がキラキラして、良い顔ができていたような複雑な気持ちになります。ゲストたちがどんな表現をして、私自身新たな言葉や表現力を身につけるきっかけにしたいと思いました。

言葉にできない、そんな夜。まとめ

所で実際にエモいという言葉を使っている人たちは、その言葉の意味を説明することは出来るのでしょうか。
とても気になっています。
最近出てきた言葉かと思ったのですが、2007年くらいからこの言葉が出てくるようになったみたいです。
結構前からあったということなのですね。
私はアプリを使っているのですが写真加工のアプリで「エモい」というのがありました。
よく分からなかったのですが、多分懐かしいとかノスタルジックとかそういう意味もあるんじゃないかなと思いました。
ただ、思うのはこのエモいという言葉はポジティブな意味で使われることが多いんじゃないかなということです。
この番組はエモすぎる30分間になりそうですね。
ここでは言葉にしにくい言葉をエモいと言っているみたいです。
けどなんでもかんでもエモいという言葉で片付けてしまうと語彙力がありませんからね。
日本には素敵な日本語がたくさんありますから、エモいという言葉以外のもので何かいい表現があったりすればいいのですけどね。
使い方が違うかも知れないですが、私がエモいと思った出来事は、入院中消灯して真っ暗な病室から外を見ると月や星がキレイに輝いていたということですね。
エモかったですよ。

まとめ

日常生活を送る上でありふれている、一筋縄でいかないような絡み合った感情。これらの言葉にしづらい“エモい”感情を解剖して、自分の気持ちにぴったりな表現を探してゆこうという新感覚の日本語番組だそうです。
確かに気持ちを、文章として的確に表現するのは難しいですね。語彙力の問題で適当な表現が見つからない場合もあるでしょうし、そもそも自分自身がどのような感情なのか、客観的に理解できていない場合も多いと思います。
今回は言葉のプロたちが、一筋縄でいかないこのような感情をどのように表現しているのか探るべく、文豪の作品をひも解いてみたり、人気作家やミュージシャンが番組のために書き下ろした表現を分析するそうです。
私は昔から小説を読むのも好きなのですが、作家によっていろんな表現があり、感心させられるような一文に出会うことも度々あります。その度に、日本語の奥深さというものを実感させられてきました。
今回の番組でも、日本語の多様性というものを味わえるのではないかと期待したいですね。それと共に、日々感じている事柄について、自分ならどのように表現するか、じっくりと考えてみたいとも思いますね。放送されるのが楽しみな番組です。

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

言葉にできない、そんな夜。見逃し配信・動画再放送フル無料視聴10月8日はこちら