未分類

2022FIFAワールドカップ最終予選日本×オーストラリア見逃し配信動画2021年10月12日再放送無料視聴

2022FIFAワールドカップ最終予選日本×オーストラリア見逃し配信動画2021年10月12日再放送無料視聴

2021年10月12日に2022FIFAワールドカップ最終予選日本×オーストラリア
テレビ朝日で放送されます

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

2022FIFAワールドカップ最終予選日本×オーストラリア見逃し配信動画フル(無料視聴)はこちら

 

カタールワールドカップ出場へ絶体絶命のニッポン…もう絶対に負けられない!
早くも迎えるグループ首位・オーストラリアとの大一番!今こそ日本の覚悟を!
◇番組内容

来年11月に開幕するカタールワールドカップの出場権をかけた“アジア最終予選”。グループBの日本は、オーストラリア、サウジアラビア、中国、オマーン、ベトナムと全10試合を行い、上位2チームが自動的にW杯出場権を得る。しかし、日本はここまで1勝2敗でグループ3位。上位2チームとは勝ち点が「6」に拡大。12日(火)の相手は、グループ首位・オーストラリア。早くもホームで宿敵との大一番を迎える!
◇出場予定選手

【GK】川島永嗣(ストラスブール/フランス)、権田修一(清水)、谷晃生(湘南)
【DF】長友佑都(FC東京)、吉田麻也(サンプドリア/イタリア)、酒井宏樹(浦和)、室屋成(ハノーファー/ドイツ)、植田直通(ニーム/フランス)、板倉滉(シャルケ/ドイツ)、中山雄太(ズウォレ/オランダ)、冨安健洋(アーセナル/イングランド)、橋岡大樹(シントトロイデン/ベルギー)
【MF】原口元気(ウニオンベルリン/ドイツ)、柴崎岳(レガネス/スペイン)
◇出場予定2

【MF】遠藤航(シュツットガルト/ドイツ)、伊東純也(ヘンク/ベルギー)、浅野拓磨(ボーフム/ドイツ)、南野拓実(リバプール/イングランド)、守田英正(サンタクララ/ポルトガル)、鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)、三好康児(アントワープ/ベルギー)、堂安律(PSV/オランダ)、田中碧(デュッセルドルフ/ドイツ)
【FW】大迫勇也(神戸)、古橋亨梧(セルティック/スコットランド)、オナイウ阿道(トゥールーズ/フランス)
◇出演者

☆埼玉スタジオ
【ナビゲーター】川平慈英
【解説】松木安太郎、内田篤人
【進行】林美沙希(テレビ朝日アナウンサー)
☆放送席
【解説】松木安太郎、中田浩二、内田篤人
【実況】寺川俊平(テレビ朝日アナウンサー)
【リポート/インタビュー】吉野真治(テレビ朝日アナウンサー)
◇会場

〜埼玉スタジアム2002(埼玉県)

ワールドカップ最終予選日本×オーストラリア見逃し配信動画2021年10月12日はU-NEXT! 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】youtubeは危険

動画がネットで気軽に見られるようになったり投稿することが出来るようになったのはよしあしがあります。
私の友達は病気を抱えて闘病中ではありますが、素敵なピアノの演奏を自分の動画サイトのチャンネルにアップしたりしています。
そういうのを見ると素敵だなあと思うのですが、見事に無断転載しかしていないアカウントも何と多いことでしょうか。
テレビで放送された番組やDVDからとった動画などばかり掲載しているアカウント、どうしてなくならないのかなと思います。
現在放送中の番組や最近の番組などだと割りと消されやすいのですが、昔のものやマイナーなアーテシィストの動画を集めたりしているものに関しては十年以上もそのままだったりすることもありますね。
こういうこと犯罪になってしまうのでやめなければいけないのです。
芸能人の事務所などによっては無断アップロードをやめてくださいと言っているところもありますよね。
それでも本人の耳には届いていないのでしょうね。
ユーチューブのような有名サイトではウイルスに感染したりというのはなさそうですが、よくわからないサイトの場合ですと、動画を再生したところでスパイウエアに感染したりというリスクがあったりする場合もあります。
そうなればパソコンも壊れますし、個人情報も流出することでしょう。
アップしなくても見てるだけでもリスクはあります。

2022FIFAワールドカップ最終予選日本×オーストラリア動画見逃し配信2021年10月12日みどころ

グループB最大の敵と言われる宿敵オーストラリアとの大一番ですが、10/7のサウジアラビア戦の結果次第ではまさに絶対に負けられない死闘になりそうで、期待と緊張感が高まっています。招集後2戦目でもあり、サウジ戦からの修正、連携の強化などがどれほど生かされているかも見もの。主力の久保建英はケガで出場できないが、オーストラリア戦では右サイドの伊東純也が戻ってくるので、サイドからゴールへの攻撃にも大いに期待したいです。また、突破力のあるオーストラリアの攻撃を、アーセナルでもかなり評価の高い冨安建洋とキャプテン吉田麻也がどのような連携で壁となるのかも注目したいです。日本代表のFWは、技術やスピード面では古橋亨梧かなと思いますが、怪我から復帰したばかりなのが心配。フィジカル的にも強度が高く、今いちばん勢いのあるオナイウ阿道がオーストラリアにはハマりそうな気がしています。中盤では柴崎岳がいかに冷静な判断を下せるかによってパスの精度も変わってくるので、サウジ戦から出場し試合感と意思疎通をより強化して望んでくれる事を期待したいです。この試合は地上波で、しかも解説が松木のアニキとウッチーという動と静のコンビで、これまたタメになるし応援している一体感もあって、こちらも聞き流せません。

2022FIFAワールドカップ最終予選日本×オーストラリア見逃した方

ワールドカップになるとやはり視ている。過去のワールドカップにおいても期間中は日本の試合は視ているが予選はすべて視ているわけではない。視ない理由はアジアの中では日本がかなり強くなり「ワールドカップ」本線に出場できないかもしれないという逼迫感がないからだろう。
そういう意味で今回の予選については初戦黒星を喫していることで「ワールドカップ」出場できない可能性もあり得るため緊張感を持ったオーストラリア線になると思われる。
又、直近のオリンピックにて金メダルが期待される中で4位という結果に終わったこと、コロナ禍でオリンピックを決行したことでなんとなくの国民の連帯感などを経てサッカーが大好きではない私も含め何となく代表に勝利してほしいと思う。
オリンピックで活躍していた久保選手や、相手ボールを奪う技術に長けた遠藤選手など、わくわく感がある選手に期待したい。
サッカーの試合とは別のところで興味深いのは川平慈英の息の長さ(マスコミに長く生き残っていることの意味)には感服する。「いいんです」などいまだに川平慈英語録が健在していることに理解できないところはあるが、彼が出演しまくしたてると試合とは別で盛り上がる。BGMなのかもしれない。

まとめ

10月のサウジアラビア、オーストラリア戦はすでに初戦黒星を喫している日本代表にとって正念場と言えるでしょうね。中でもオーストラリアをホームに迎えるこの一戦は必勝が至上命題の戦いで、ここで引き分け以下なら本当に窮地に陥ってしまいます。個人的には総合力は日本がアジアトップだと思ってるし、今回は地の利もあるので、代表戦士たちがどれだけの自覚を持って戦ってくれるか、その必死さを見たいし、そもそも最終予選に楽なゲームなどないのだから手に汗握る展開が最大の見せ場になるでしょう。勝利はどれだけチャンスを確実にものにし、相手のチャンスを未然に防ぐかで決まると思います。チャンスは必ず来るし、そこを確実に仕留めればもしかしたら圧勝できるかも知れない。そういった意味ではJに復帰した大迫にどうしても注目がいきます。リーグ戦では先日得点も決めていたし、彼の状態が上がっていれば本人の得点だけでなく周りの躍動も期待できるので、伊東や古橋のようなスピードスターとは高い相乗効果があるだろうし、何より前線でキープできる、時間が作れるというのは日本にとって強力な武器です。
ヨーロッパ勢がシーズンが始まり多くの選手は試合にも出てコンディションが上がってきていること、大迫の復調気配。この2点が初戦とは事情が違う大きなポイントだと思います。ここ最近低調な試合が続いていますが、俺たちの日本代表はこんなものじゃないというガツンと来る試合をここらで見せてほしいですね。オーストラリアに快勝出来れば流れは絶対変わります。
tver(て ぃ ― っ ば ディーバー・ティバー・テォバー)でみれません

 

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

2022FIFAワールドカップ最終予選日本×オーストラリア見逃し配信動画フル(無料視聴)はこちら