TV

箱根駅伝2022 予選会 見逃し配信動画再放送結果2021年10月23日ネット配信ライブ中継・リアルタイム配信

箱根駅伝2022予選会見逃し配信動画再放送結果2021年10月23日ネット配信ライブ中継・リアルタイム配信

2021年10月23日に2022箱根駅伝予選会が放送されます

下記で

↓ ↓

2022箱根駅伝予選会見逃し配信動画スマホ、iphoneネット配信ライブ中継・リアルタイム配信2021年10月23日を無料視聴で見たい方はこちら

*U-NEXTで見たい方は詳細があります

番組

関東学連は11日、第98回箱根駅伝の予選会(10月23日)に出場する大学と登録選手を発表した。

上位通過を狙う明大は主将の鈴木聖人(4年)や手嶋杏丞(4年)らが順当にメンバー入り。肺気胸を患っていた児玉真輝(2年)も登録された。中大は5000mU20日本記録保持者で昨年、従来のハーフマラソンU20日本最高に並ぶ快走を見せた吉居大和(2年)や三浦拓朗(4年)、森凪也(4年)といった主力がそろって登録された。

そのほか、74年連続出場が懸かる日体大の藤本珠輝(3年)、法大で前回箱根駅伝1区区間賞の鎌田航生(4年)ら各校のエースも順当にメンバー入り。また、10000mで日本学生記録を樹立した拓大のジョセフ・ラジニ(3年)にも注目が集まる。

前回出場を逃した中央学大は3年生主将の小島慎也、栗原啓吾(4年)が入った一方で、前々回箱根6区で快走した武川流以名(3年)が外れている。

初出場を狙う駿河台大は日本インカレ10000m連覇の留学生のジェームズ・ブヌカ(4年)や、教員を経て入学した31歳の今井隆生(4年)が登録。上野裕一郎監督が率いる立教大も注目だが、主力の一人・服部凱杏(2年)は登録されなかった。日大、大東大といった伝統校は留学生の力を借りつつ、日本人選手たちの奮起に期待がかかる。

箱根駅伝予選会には前回から5チーム減の46校が出場。各校10人から14人が登録され、12人まで出走。上位10人の合計タイムによって上位10チームが本戦出場権を得る。

これまで陸上自衛隊立川駐屯地から国営昭和記念公園までのコースで行われていたが、昨年からコロナ禍の影響により立川駐屯地内の周回コース(ハーフマラソン)で行われており、今年も無観客で同じく立川駐屯地内コースで実施。

箱根駅伝2022予選会見逃し配信動画再放送2021年10月23日はU-NEXTで配信リアルタイムも見逃し配信も

映像作品を毎月購入するのは難しいものです。しかし、ここがU-NEXTのいい所その1になります。
スポーツ箱根駅伝だけでなく映像作品の殆どが無料で、一部のポイント制の作品以外にも様々なサービスがあります。例えば、電子コミックです。作品名は伏せますが、ジャンプの有名漫画やサンデーの漫画が多数揃っています。中には、映像作品は無いが、コミックだけはあるといったものもありますが、その逆は皆無に近いです。
毎月、数巻のコミックや小説、週刊誌月間誌などを購入する方は、かさばる心配もなく、又ダウンロードすれば外でもネット環境を使わずに読むことが出来るので、1200ポイントをコミックに使うのがとてもおすすめです。このダウンロード機能は、アニメドラマ等の映像作品でも可能で、最大25話までダウンロードしておくことが出来ます。通勤通学の時間で好きなアニメを見れるのは、いい気分転換にもなります。
課金する手間や、書店に買いに行く手間を自動で行ってくれるU-NEXTは、ものぐさな人ほど愛用したくなるサービスです。

2022箱根駅伝予選会見逃し配信動画2021年10月23日みどころ

お正月の風物詩の箱根駅伝ですが、本選の前に開催される予選会も熾烈を極めています。
予選会では20キロを走るわけですが、予選会での同じ大学の10人の合計タイムに、インカレでの獲得ポイントを加味したタイムを加減し、その上位10校が本選に出場できる仕組みです。

よって、1人だけ早くても、10番目の選手のタイムが遅ければ出場できない場合もあります。平均してみんながある程度速くないと通過は難しいです。

とはいえ、トップ争いは毎回見どころであり、近年は留学生が優勝することが多いですが、日本人選手が優勝することもあります。
ここで上位でゴールできれば、チームとして貯金を作ることができます。
その他の選手は、チームで集団走の形を取って走ることが多く、力のある選手が引っ張って走る形を取ることが多いです。とにかく全員野球で心を一つにして走ることができるかが、勝負の鍵です。

過去には10位と11位の合計タイム差が10秒もなかったこともあり、秒単位で見逃せない展開となりそうです。20キロも走って、わずかに10秒差と言ったら、悔しいですよね。

ここを通過できればTVに映る本選となるため、各チーム総出で、涙ありの展開となりそうです。今から予選会の放送が楽しみですね。

2022箱根駅伝予選会見逃し配信動画2021年10月23日ファンの声結果

箱根駅伝予選会はまだ予選ということでもありますから、割と実力的には差があったりするわけですが、それでも駅伝好きにはまさにここから始まる、といった感じで楽しむことができることでしょう。予想をすること自体はそこまでメインではないでしょうが、この段階で今回の強豪を見つけたりすることができれば駅伝好きとしてはより本選を楽しむことにつなげられることでしょう。今回注目されているのは明治大学とのことであり、毎年強豪といえば強豪でしょうから、ある意味順当という気もします。中大も注目されています。5000mU20日本記録保持者とか、それはもう期待できる選手がいるのでこれはまず、見逃すことができないでしょう。初出場を狙う駿河台大にも注目したいです。日大、大東大といった伝統校は留学生の力を借りつつ、ということらしいのですが、それでも日本人選手たちにも有望なのがいっぱいいるので楽しみです。まだまだ本選というわけではなく予選会ということにはなるのですがそれでも46校が出場するということでかなり多くの学校が参加しているわけです。どういうドラマが生み出されるのか、というのはまだ予選ではありますが、期待してしまうものです。

まとめ

箱根駅伝予選会は箱根駅伝に出場出来るチャンスの駅伝レースです。過去の結果で有力大学チームをランキングにしていますが、トータルであり区間の有力選手を注目している人達もいます。箱根駅伝は未来の長距離陸上アスリートでありますから、得意コースと得意距離を分析しています。予選会には重要な事であり、区間を変更するチームもあります。コースと距離が変われば活躍する選手もいる事が分かります。駅伝アスリートはチームレースもありますが、区間では個人の長距離レースになります。かなりのプレッシャーがかかります。駅伝チームの事を考えて走っています。区間でいいタイムを出しても意味がないので、チームトータルでいいタイムを出したら上位に入る結果が出ます。長距離陸上にも種類がありますから、身体と足腰が強いのは当然の事で少し呼吸が乱れると、得意コースでも結果が出ない事があります。相手チーム選手がしている事で、自分の実力の過信でマイペースを乱されています。でも区間を変更するとマイペースで走りチーム全体にいい結果を出す事に繋げています。マイペースで走る事が分かる大切な予選会で知る事が出来ます。個人区間も大切ですが、レースを見る事でチーム選手とチーム全体の努力が分かります。駅伝チームのトレーニングは分かりますが、他大学の駅伝チームの事は情報知っていても、見る事が少ない現実があります。箱根駅伝予選会をする事によって、広い世界の視野が広がります。未来の長距離陸上アスリートになる予選会で、箱根駅伝はそのような魅力があります。

下記で

↓ ↓

2022箱根駅伝予選会見逃し配信動画スマホ、iphoneネット配信ライブ中継・リアルタイム配信2021年10月23日を無料視聴で見たい方はこちら