TV

東京六大学野球2021早稲田VS 慶応・見逃し配信 動画 生中継再放送10月30日

東京六大学野球2021早稲田VS 慶応・見逃し配信動画生中継再放送10月30日

2021年10月31日10月30日にテレ朝にて東京六大学野球2021早稲田VS 慶応・

が放送されます

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

東京六大学野球2021早稲田VS 慶応・見逃し配信動画生中継再放送10月30日無料視聴はこちら

 

番組案内

118年の伝統
早慶戦を生中継
放送時間

<生中継>
■10月30日(土) 午後1:00~
※放送日時、及び内容は編成の都合により、予告なく変更になる場合があります。

※雨天の際は放送休止
※詳細は「放送スケジュール」をご確認下さい。
番組内容

六大学野球の中でも特別な雰囲気を醸し出す伝統の一戦、早慶戦。
早稲田の注目選手は、リーグ通算8勝の早稲田のエース・徳山、
副キャプテンで春は全試合4番を任された岩本。
そして3年生ながら現役2位の9HRの強打者・蝦間。
対する慶應は、最速149km、リーグ通算8勝のエース・森田、現役1位の10HRを誇る強打者・正木、
そして3期連続ベストナインに選ばれた好捕手・福井。

10月11日に行われたドラフト会議にて、
早稲田・徳山がDeNAに、西垣が楽天に、
慶應・正木がソフトバンクに、渡部がオリックスにそれぞれ指名され、さらに注目度が上がる早慶戦。

2021年春季リーグを制し早慶戦に勝利すれば春秋連覇となる慶應と、5位に沈み雪辱を晴らしたい早稲田。
秋の早慶戦の軍配はどちらにあがるのか!?
注目の1戦を生中継!!

東京六大学野球2021早稲田VS 慶応・見逃し配信動画生中継再放送U-NEXT

動画配信などしかやっていないということではなくて、集合住宅向けの光回線サービスのインターネット事業もやっているということです。
このような二束のワラジをしていて動画見放題サービスもしているというのはなかなか珍しいと思います。
どうしても複数の事業をしていると、どちらかはサービスがいまいちだったりするのですが、U-NEXTの動画配信サービスは全くそんなことはないんですよね。
凄く気合いを入れて運営しているんだということが凄くよくわかります。
U-NEXTはオリジナル作品はないと言われているのですが、一応あることにはあるのです。
とは言ってもU-NEXTのオリジナルというわけではなく、アメリカの大手、ワーナーの動画配信サービスで配信されているオリジナル作品がU-NEXTで見ることが出来るということです。
こういうパターンは非常に珍しいことです。
U-NEXTなのに、アメリカの動画配信サービスの動画が全て見ることが出来るというのは凄いですよね。
そいうこともあり、ドキュメンタリーなんかは海外の作品が凄く多いです。見ごたえもたっぷりですよ。
オリジナル動画がないから物足りないと感じていた方でも是非チェックしてみてくださいね。
これからも色々と面白いことをやってくれると思います。
ポイントもたくさんもらえるしハッピーな気持ちになりますね。

東京六大学野球2021早稲田VS 慶応・見逃し配信動画みどころ

早慶戦といえば、日本を代表する有名私立大学である、早稲田大学と慶応義塾大学がスポーツで対戦する際に試合に名付きます。ラグビーや早慶レガッタなども有名ですが、やはり一番人気は野球でしょう。そして、秋の六大学リーグ戦は4年生が出場する最後の大会となります。学生生活を懸けた4年生の意地にも注目です。そして、両チームには先日のドラフト会議で指名されたプロ入りする選手が2名ずつ在籍しています。早稲田大学には、横浜DeNAベイスターズから2位指名された徳山投手と、東北楽天ゴールデンイーグルスから6位指名された西垣投手。慶応義塾大学には福岡ソフトバンクホークスから2位指名を受けた正木外野手、オリックスバファローズから4位指名を受けた渡部外野手がそれぞれ在籍しています。早稲田大学には投手が2人、慶応義塾大学には外野手が2人となっており、プロ入りする選手同士の打席での対戦が期待され、注目です。また、以前、NHKの連続テレビ小説エールで両校の応援団が取り上げられました。新型コロナ禍で応援団やブラスバンドが活動できない状況となっておりましたが、この試合では演奏はあるのでしょうか。応援団やブラスバンド、そして応援歌にも注目です。

まとめ

早慶戦といえば、早稲田大学・慶應義塾大学のどちらの学生にとっても大事な一戦。さらに現段階では、慶應義塾大学・明治大学・早稲田大学のどこが優勝するかがわからない状態です。もしかしたら、この早慶戦が優勝決定戦になるかもしれず、見逃せません。春季リーグでの優勝の勢いそのままに今季の慶應義塾大学は非常に好調ではあるものの、早稲田大学は3位とくらいついています。さらに打撃成績や投手成績のランキングにおいては早稲田大学の選手が上位に入っているため、慶應義塾大学の勢いを止めて互角またはそれ以上の戦いを見せてくれるのではないでしょうか。個別の選手についていえば、プロ入りが決まった慶應義塾大学の正木選手や早稲田大学の徳山選手がどんなプレーを見せてくれるのかが楽しみです。また、早慶戦といえば、試合前に両校が「早慶讃歌~花の早慶戦~」を一緒に歌ったり、早慶戦で勝った時(負けた時)のみしか歌われない応援歌を歌ったりと、応援も東京六大学野球の中では特別です。幸い、今年は観客を入れて開催されるということで、コロナの感染拡大防止のために制約はあると思いますが、どんな応援が繰り広げられるのか、客席にも注目したいです。

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

東京六大学野球2021早稲田VS 慶応・見逃し配信動画生中継再放送10月30日無料視聴はこちら