TV

全日本大学駅伝2021見逃し配信動画再放送11月7日無料視聴サイト

全日本大学駅伝2021見逃し配信動画再放送11月7日無料視聴サイト

長谷工グループスポーツスペシャル 秩父宮賜杯第53回全日本大学駅伝2021がテレビ朝日で11月7日に放送されます

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

全日本大学駅伝対校選手権大会2021見逃し配信動画再放送11月7日ネット配信中継(無料視聴)はこちら

◇番組内容

駅伝・学生日本一決定戦‼昨年激戦の末、優勝を果たした駒大の連覇を阻むべく名門、古豪、そして新鋭の大学が入り乱れる“戦国駅伝”!東京五輪の星…活躍に注目が集まる‼

全国25校と選抜2チームが「日本一」の称号を懸け、熱田神宮から伊勢神宮までの8区間106.8kmを総勢216選手が駆け抜けます。前年覇者&箱根王者の駒澤大、青山学院大、早稲田大など強豪校が優勝候補として名前を連ねる一方、10月に行われた出雲駅伝では創部10年の新鋭・東京国際大が初優勝を飾りました。どこが抜け出すか分からない、まさに“戦国駅伝”…史上最大の混戦を、豪華ゲストを迎えて熱くお伝えします。
◇出場予定選手

【北海道】札幌学院大
【東北】東北大
【関東】駒澤大、東海大、明治大、青山学院大、早稲田大、東洋大、帝京大、順天堂大、東京国際大、國學院大、法政大、拓殖大、中央大、中央学院大、日本体育大
【北信越】信州大
【東海】皇學館大、岐阜協立大
【関西】立命館大、関西学院大、大阪経済大
【中国四国】環太平洋大
【九州】第一工科大
日本学連選抜チーム、東海学連選抜チーム
◇出演者

【解説】瀬古利彦(DeNAアスレティックスエリートアドバイザー)、大後栄治(神奈川大学陸上競技部監督)
【監督車リポート】増田明美(スポーツジャーナリスト)
【1号車解説】渡辺康幸(住友電気工業陸上競技部監督)
【センター実況】野上慎平(テレビ朝日アナウンサー)
【1号車実況】大西洋平(テレビ朝日アナウンサー)
【2号車実況】堂野浩久(メ〜テレアナウンサー)ほか
◇コース

名古屋・熱田神宮西門前→三重・伊勢神宮内宮宇治橋前≪8区間106.8キロ≫
【第1区】9.5キロ
【第2区】11.1キロ
【第3区】11.9キロ
【第4区】11.8キロ
【第5区】12.4キロ
【第6区】12.8キロ
【第7区】17.6キロ
【第8区】19.7キロ
◇おしらせ

感染拡大防止のため、今年の大会は沿道での観戦を控えていただくようお願いしています。
番組サイトでは、ご自宅などで観戦いただくのに便利な情報を掲載しています!区間成績や出場校情報も、PC・スマートフォンなどでご覧いただけます。番組と併せてお楽しみください‼

全日本大学駅伝2021見逃し配信動画再放送11月7日無料視聴サイトはU-NEXT

毎月1,200円分電子書籍や映画チケット等の購入に使えるポイントが付与されます。このポイントは最大90日間持ち越し可能なので、3か月間ためておけば残高は3,600円分となり劇場鑑賞用クーポンがペアで発行できます。気になる最新映画は劇場で楽しむことも可能になりますね。また、最大4つまでアカウントを作れるので家族4人なら一人当たり実質月額ワンコイン(500円)で済むことになります。子アカウントではR18+以上のR指定作品を表示しませんし、アカウントごとに「マイリスト」「視聴履歴」は分かれていますので家族全員が安心安全に楽しむことができます。そしてWi-Fi環境でダウンロードしておけば通信料の心配をせずに、映画やドラマのほか、電子書籍も好きな時に好きな場所で楽しむことができます。ゆったと過ごすおうち時間だけでなく、通勤通学時間や家事の合い間等のスキマ時間を有効活用できるのではないでしょうか。申込から30日間月額使用料が無料で使えるキャンペーンでは特典としてポイントも進呈されますのでお得ですね。

全日本大学駅伝2021見逃し配信動画再放送11月7日みどころ

駅伝、学生日本一決定戦ということで、どこの大学が優勝するのか、熱いドラマがあるのか楽しみです。駒沢大は果たして連覇を成し遂げることができるのか注目したいと思います。青山学院大や早稲田大も駒沢大を抜いて優勝することができるのか非常に楽しみです。その他にもたくさんの大学が参加するとのことで、予想もしなかった奇跡が起こるかもしれません。そして、216人もの選手が参加するということなので、その中で感動する走りを見せてくれる選手が現れるかもしれません。熱田神宮から伊勢神宮までの8区間、106.8kmの距離を駆け抜ける選手達の姿を楽しみにしたいと思います。この大会に向けて選手達は日々、練習を積み重ねてきたことでしょう。行きたい所にも行けず、やりたいことも我慢したり食事にも気をつけ、栄養があるものやたんぱく質をとり、食事制限もしてきたことと思います。また、周りには先生や家族など支えてくれているたくさんの方がいることだと思います。自分の頑張ってきたことと、周りにいる支えてくれた方々の為にも、1人1人が全力で持っている力をすべて出しきって素晴らしい走りを見せてくれることを期待しています。是非頑張っていただきたいと思います。沿道での観戦を控えるようにとのことなので、その場で選手達に応援の声を届けることはできませんが、きっと家の中から応援している人達がたくさんいるので、その思いが選手達にも届けば良いなと思います。また、どんな実況で応援しているみんなに現場の熱を伝えてくれるかも見どころだと思います。

全日本大学駅伝2021見逃した方

どのチームが勝つか楽しみです。様々な道具を使わずに自分の足だけで仲間に襷をつなぎ、ゴールをする姿は感動すら覚えます。予想を裏切り期待に上がっていなかったチームが優勝すると、驚くとともにドラマがあって楽しいです。接戦になって抜いたり抜かれたりするレース展開に期待しています。ぶっちぎりで一つのチームが優勝するのも ある意味笑えてきて面白いのですが、切磋琢磨して最後までどのチームが優勝するかわからないという展開になると、視聴率も上がるのではないかと思います。 負けたチームが涙を流しているのを見ると それだけ真剣に練習してきたのだと思い胸が熱くなります。注目は今年の箱根駅伝で優勝した駒澤大学と出雲駅伝で優勝した東京国際大学です。大会で暴れてくれることを望みます。最後の第8区が一番距離が長いので選手の体調が気になりますが、もっと長い距離を走る時の練習だと思って頑張って欲しいです。 この第8区で僅差になると、最後まで盛り上がれる気がします。一番は今まで練習してきた成果を十分に発揮し、正々堂々と戦って欲しいです。脱水症状や突然の怪我でたすきがつながらなくなることは、悲しいので避けて欲しいと思います。かつて名をあげた順天堂大学や東洋大、青山学院大学も底力を見せて欲しいと思います。

まとめ

歴代の優勝回数は、13回で駒澤大学、11回で日本体育大学、7回で大東文化大学、5回で早稲田大学、3回で福岡大学と早稲田大学、2回で神奈川大学、青山学院大学、東海大学と続きます。今年の優勝争いは昨年優勝の駒澤大学を中心に考えるのがいいのではないでしょうか。駒澤大学は箱根駅伝との2冠で、かなり自信を持っていると思います。しかし、今年に入って出雲駅伝では、東京国際大学が初優勝しました。ヴィンセント選手ばかりが注目されてきましたが、周りの選手も力をつけてきた証拠だと思います。近年箱根駅伝で毎年のように優勝を誇る青山学院大学がこの大会は過去2回優勝、東洋大学も過去1回優勝と、箱根と同じようにはいかないのがこの大会の特徴です。それでも、出雲駅伝の結果を参考にすると、青山学院大学と東洋大学は序盤出遅れたとしても選手層が厚いため巻き返す力を持っております。出雲駅伝よりも区間が多く、距離も長いため、選手層が厚い大学が有利となることでしょう。昨年の箱根駅伝準優勝の創価大学も侮れません。出雲駅伝で上位進出した國學院大學や早稲田大学も虎視眈々と狙っていることでしょう。絶対王者がいないので、近年まれに見る戦国駅伝となる可能性が高いので、アンカーまで目が離せないと思われます。
下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

全日本大学駅伝対校選手権大会2021見逃し配信動画再放送11月7日ネット配信中継(無料視聴)はこちら