TV

あいみょん18祭・見逃し配信・動画再放送フル無料視聴2022年3月23日

あいみょん18祭・見逃し配信・動画再放送フル無料視聴2022年3月23日

ということで記事をお伝えします。

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

あいみょん18祭・見逃し配信・動画再放送フル無料視聴2022年3月23日 NHK総合はこちら

あいみょん18祭「あいみょんと1000人の18歳世代が共演!」動画見逃し配信あらすじ

————————-

*あいみょん18祭の放送地域、関西(大阪)愛知県(名古屋)や北海道、仙台、静岡、広島、岡山、鳥取、島根、福岡など放送局にない方でもネット動画配信オンデマンドで見れます

*あいみょん18祭はtver/アマゾンプライム、dvdレンタル、ネットフリックス(ネトフリ)などで見れません

*あいみょん18祭動画 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】の個人アップロードは違法のため、クリックするとスマホやiphoneなどが故障してもメーカー保証が受けられなくなったりするケースも報告されておりお勧めしません

番組に関係のないゲーム実況動画を無断転載してのアップロードされた動画をクリックしてしまい、携帯やスマホ、パソコンなどがウイルス感染するケースもあるため触らないほうが無難です

紹介リンク先で紹介している公式サイトで見ることをお勧めします!

————————-

あいみょん18祭/番組内容

あいみょん18祭「あいみょんと1000人の18歳世代が共演!」

あいみょんと1000人の18歳世代が音楽で繋がり一つのステージを生み出す!1000人の思いを受けあいみょんが作った曲は「双葉」コロナ禍を過ごす1000人の思い!

あいみょんと1000人の18歳世代が音楽で繋がり一つのステージを生み出す!1000人の動画審査のテーマは『喜怒哀楽』コロナ禍を過ごす1000人の思いが濃密につまった動画を受けあいみょんが生み出した曲は「双葉」!本番も新型コロナウイルスの影響でリモート開催に。しかしそこに向かっても気持ち新たに熱く思いを馳せる1000人とあいみょん!お互いの気持ちが交差し生まれた感動のステージ!

あいみょん18祭 出演者

【出演】あいみょん

あいみょん18祭・見逃し配信・動画再放送フル無料視聴2022年3月23日はU-NEXT !番組の注目点

あいみょんの曲はメロディー、歌詞、歌声、全てが重なって耳から離れない。個性は強いが、すぐに口ずさめるようなキャッチーさも有って、1度耳にすると頭の中で延々と流れ続けるような中毒性がある。力強くて繊細、ドラマチックで日常的といったように、多面的で誰もが身近に感じられる曲が多く、聴く人によって解釈も様々なのではないだろうか。ドラマや小説のような美しい歌詞の中に、自分を見つけられるような身近なアイテムや、親近感のある情景が混ざっていて、美しくも人間的な歌詞はあいみょんの持つ魅力の一つだと思う。2ndシングル「愛を伝えたいだとか」の歌詞は、あいみょんの書く歌詞の中でも特に印象に残っている。好きな人が側にいない寂しさや、好きな人の理想通りの人になれないもどかしさ、独りよがりのような愛情を日常の風景の中で歌った曲だ。「バランスをとっても溢れちゃうや」「だんだんソファに沈んでいくだけ」「考えていてもドアは開かないし」「もう嫌だ」と、やるせない気持ちを淡々と歌っているが、一人でぐるぐると考えてネガティブになっている歌詞は、辛い時の自分に寄り添ってくれる心地よさがある。そして、相手を想いながら自分の気持ちをただ吐き出すだけなのに、美しくアンニュイなメロディーラインがドラマチックに魅せてくれる点にはかなり衝撃があった。あいみょんの曲は、悲しい時や辛い時、幸せな時と様々なタイミングでぴったりと自分にはまる曲があると思う。今後も自分にとってなくてはならない音楽だ。

あいみょん18祭・見逃し配信・動画あらすじ

18祭は2016年から開催されていますが、その中でもあいみょんさんは高校一年生の時から歌詞を書き始めて、18祭に相応しい曲ができているのではないかと、とても期待しています。また、リモートではあるものの、あいみょんさんに心底憧れている18祭に参加する方達の意気揚々とした表情にも注目したいです。あいみょんさんは現在では名だたる番組に出演する超有名アーティストでありますが、そこに上り詰めるまでのあいみょんさんの18歳の当時の話までを聞くことができると聞き、現在18歳である私の生きるモチベーションにも繋げていきたいなと思い、楽しみにしています。また、当日だけでなく、18祭の本番に向けての参加者の思いやコロナウイルスの感染拡大で思い描いた生活が出来なかったことへの苦悩、そしてあいみょんさんのこの番組への想いなども収めているとのことから、より18祭の参加者に思いを寄せ、番組に感情移入して見られることが魅力的だと思いました。18歳という多感な時期であり、大人でもなく、子供でもないという場所にいる悩みを抱えた人たちに、同世代である私もとても興味が湧きます。毎年この番組を見てきましたが、昨年はコロナウイルスによって開催が中止されていたこともあり、今回1年ぶりの実施にとても嬉しく感じていますし、とてもこの番組を楽しみにしています。

あいみょん18祭nhk見逃した方

あいみょん大好きなのでとても楽しみです。若い子達にはカリスマ的に人気があると思いますが40代の男でも好きな人はいます。彼女の歌はとても爽やかで心地がいいんですよね。若い頃の気持ちを思い出して懐かしくなったりしてノスタルジックな気分になれるので大好きです。見た目もとても可愛らしくて癒し系ですよね。だから今回の番組も絶対に見たいと思います。見たら泣いてしまうかもしれません。あいみょんが若い視聴者たちと一緒に楽曲を作り上げてパフォーマンスするということで並々ならず意気込みを感じることができますね。一体何が始まるんだといった期待と不安でいっぱいな気持ちを私も味わっております。とてもワクワクする感覚は久しぶりに味わいますね。それだけあいみょんが私の心の中で大きな存在になっていたということだと思います。番組ではパフォーマンスだけでなくて製作の現場の様子なんかも取材しているようで早く見たい気持ちでいっぱいです。またあいみょんにも18歳の頃どんなことを考えていたかなどをインタビューしているみたいでこちらにも興味津々ですね。どんなことを語るのか楽しみでなりません。番組の名前あいみょん18祭というタイトルも秀逸でいいですね。期待してます。

まとめ

歌詞から想像される人物像が、完璧ではなくて、心のうちを誰にも明かさない印象を受けるので、聞いているこちらもとても共感できます。個人的に好きなのは、「生きていたんだよな」という曲です。まずイントロが始まってから、まるで映画を観ているような気分になるあいみょんの語りかけから始まることに衝撃を受けます。自殺現場の報道に、ネットでとやかく推測したり、誰かを叩いたり、実際に現場をスマホで撮影したり、、、ひとりの命が絶たれたのに、まるでゲームの世界のキャラクターが一体使えなくなった時のような感覚で人事として捉えてしまう、今の現代社会の闇をありありと伝えます。それをあからさまに批判することなく、かと言ってその少女に同情するわけでもなく、ただただ彼女の精一杯生ききったその生涯を、シンプルに認めてくれるあいみょんの歌詞と歌声には、はっとさせられるものがあります。自分の命を自分で経つことは良くないこと、みんな辛いことだってあるけれどがんばってる、そうやって多くの善意が、しんどい思いをしている人をどんどん追い詰めていやしないかと、改めて考えさせられる世界観を表現してくれています。そうかと思えば、片思いの切ない詩を作ったり、他のアーティストに楽曲提供をしたり、変幻自在な表現力が彼女の魅力です。

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

あいみょん18祭・見逃し配信・動画再放送フル無料視聴2022年3月23日 NHK総合はこちら