TV

テントを背負ってsp見逃し配信 無料 動画 再放送視聴 2022年3月25日 NHKBSプレミアム

テントを背負ってsp見逃し配信 無料 動画 再放送視聴 2022年3月25日 NHKBSプレミアム

ということで記事をお伝えします。

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

テントを背負って SP「にっぽん無人地帯をゆく」見逃し配信・動画・再放送フル無料視聴過去作~最新話はこちら

 

————————-

*テントを背負っての放送地域、関西(大阪)愛知県(名古屋)や北海道、仙台、静岡、広島、岡山、鳥取、島根、福岡など放送局にない方でもネット動画配信オンデマンドで見れます

*テントを背負ってはtver/アマゾンプライム、dvdレンタル、ネットフリックス(ネトフリ)などで見れません

*テントを背負って動画 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】の個人アップロードは違法のため、クリックするとスマホやiphoneなどが故障してもメーカー保証が受けられなくなったりするケースも報告されておりお勧めしません

番組に関係のないゲーム実況動画を無断転載してのアップロードされた動画をクリックしてしまい、携帯やスマホ、パソコンなどがウイルス感染するケースもあるため触らないほうが無難です

紹介リンク先で紹介している公式サイトで見ることをお勧めします!

————————-

テントを背負って/番組内容

テントを背負って SP「にっぽん無人地帯をゆく」

“無人地帯”。そこは人の手が及ばない、手つかずの自然が残る場所。実は日本には、いまでもそんな場所が残されている。さあテントを背負って、冒険の旅に出かけてみよう。

北海道の最果て、世界遺産・知床。そこは日本最大の“無人地帯”。巨岩の絶壁が連なる海岸沿いの道なき道を行く。一歩森に踏み入ればそこはヒグマの楽園。そして川にはカラフトマスやオショロコマが。生き物の気配の海辺でテントを張る。そしてもう一か所、三重・尾鷲。カヤックでしかたどり着けない無人の浜へ。見つけたのは深い森に眠るロストワールド。数百年の時を遡り、海の民の暮らしに思いを馳せる。歴史ロマンの旅へ。

テントを背負って 出演者

【出演】高橋庄太郎,土屋智哉,森田渉,柴田丈広,【語り】渡部紗弓

テントを背負ってsp見逃し配信 無料 動画 再放送視聴 2022年3月25日はU-NEXTで全話配信中

U-NEXTのおすすめな点と言うことで書かせていただきます。私、U-NEXTは実際にまだ登録したことがなく気にはなってます。
前はアマゾンプライムスマホ版に加入しておりましたがU-NEXTもいろいろななチャンネルが豊富だなーと感じました。洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ
国内ドラマ、アニメ、キッズ、ドキュメンタリー、音楽・アイドル、バラエティ、ハリウッドスタジオ、テレビ局(URL参考)といったバライティに飛んだいろんなチャンネルがありおすすめかなーと感じました。正直に私は気にはなっていましたがまだ加入したことがなくNetflixやHuluなど何を見ればいいか悩むところではあります。アマゾンプライムに加入していましたが見てはいたのですが他のはどんな感じなんだろうと検討しておりました。U-NEXTはあらゆるジャンルに特化した動画サイトで見たい番組が見れるのでおすすめしたい点ではありますね。映画やアニメ・ドラマ、お笑いなんかもあっていいなーと思います。URLで調べたところによると漫画や書籍なども60万冊以上あるため自分の見たい漫画や書籍も観放題なところにもおすすめする点かなと思いましたね。

テントを背負ってsp無料 動画見逃し配信 みどころ

にっぽん無人地帯をゆくはとても面白そうです。こういう旅番組はワクワクするんです。しかも今回は人が立ち入らないような無人地帯という場所に行こうっていうんですから貴重な映像が見れちゃいそうです。今回は二か所そんな無人地帯を紹介してくれちゃうそうです。北海道の知床は前から行きたかったんです。私は動物が大好きなので動物を見るのも好きなんですが知床にはヒグマやらワシなんかがいて前から行ってみたいと思っていたんです。それは壮大な自然が広がっていると思います。そこを旅しているのを見せてくれるので有りがたいです。実際に自分も行った気分になれるのでお得です。一体どんな景色でどんな場所なんだろうと期待感が高まってしまいます。もうひとつは三重県の尾鷲というところです。これはカヤックで行くようなところを旅してくれるそうでめちゃくちゃアドベンチャーですよね。とても興味があります。出演してくれる人達もとても素敵な人ばかりですね。高橋庄太郎,土屋智哉,森田渉,柴田丈広さんが旅するんでしょうか。どんな感想を持ち語ってくれるのか注目しながら見ていきたいと思いますね。語りの渡部紗弓さんも素敵な声を出す声優さんで前からファンでした。楽しみです。

テントを背負ってsp見逃した方

「日本の無人地帯を行く」というだけでワクワクしますね。日本は国土の7割が森林です。急峻なところや湿地帯もあるので、めったに人が踏み入れない地域というのは案外あります。狭い日本と言うけれど、地方に住んでいると日本は充分に広い。どれだけ旅好きの人間でも、この国のすべての風景を見ることはできません。この旅で向かう無人地帯はまず知床。日本の残された秘境のひとつですね。ヒグマの楽園のようですが、クマが住める自然が残っている先進国は多くありません。クマが生きられる環境があるというのは国土が豊かな証だと思います。雪解けのきれいな水が流れ込む川もきれいで豊かだし、まさに人がいないからこそ維持される楽園だなと思います。人はそこにお邪魔するという感覚で見たいですね。更にもう一か所は三重県の尾鷲です。山岳信仰である熊野信仰と古来からの海の民がいた場所であり、まさに山と海の文化が混交した地域です。ここでは小さな舟とかカヌーでないといけない浜に行くそうです。海育ちだとそれぞれの地域にそんな浜があったりしますよね。地元民しか知らない人がめったに入らない浜。私も子どもの頃、崖を登ったり降りたり、断崖を飛び越えたりして、そういうところで遊んでいました。そんな小さな冒険を思い出して楽しみたい番組です。

総評

無人地帯と聞くと海外の孤島がポツンと浮かんでいるイメージがありましたが日本にもあるとは知らなかったので、手付かずの自然や野生動物が人間がいないなかでどのような生き方をしているのか気になります。
北海道の知床はヒグマが多く生息していることは聞いていましたが、人間が住んでいないのは知らなかったので人間と関わらず弱肉強食の自然の中のヒグマがいるなかでまたいろいろな野生生物が暮らすなかで海辺でテントをはるのはいつもの日常とは違う非日常の映像が見れそうで自然を感じながら観たいなと今から楽しみですし、知床でしか生息していない生き物もいそうだなとワクワクします。
次に三重県の尾鷲は聞いたことがない場所で昔の海の民の暮らしが垣間見えるロストワールドということで、昔は人間がどのように暮らしていたのかなと想像が膨らんできますし、人間がいなくなった無人の「今」との違いや歴史を感じられるのはロマンがあってますます観てみたいなと思いました。
雰囲気の違うであろう人間のいない日本の2つの場所での歴史ある物語や自然を感じられる雄大な映像が観られるのは外に出にくい今だからこそ観る価値がありますし、まだ知らない日本の風景がテレビだからこそ観れるのは楽しみです。

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

テントを背負って SP「にっぽん無人地帯をゆく」見逃し配信・動画・再放送フル無料視聴過去作~最新話はこちら