TV

カラーでよみがえる映像の世紀・見逃し配信・動画再放送第3集それはマンハッタンから始まった

カラーでよみがえる映像の世紀・見逃し配信・動画再放送第3集それはマンハッタンから始まった

ということで記事をお伝えします。

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

カラーでよみがえる映像の世紀・第3集「それはマンハッタンから始まった」見逃し配信・動画再放送2022年3月28日フル無料視聴NHK総合はこちら

 

*カラーでよみがえる映像の世紀 第3集「それはマンハッタンから始まった」
の放送地域、関西(大阪)愛知県(名古屋)や北海道、仙台、静岡、広島、岡山、鳥取、島根、福岡など放送局にない方でもネット動画配信オンデマンドで見れます

*カラーでよみがえる映像の世紀 第3集「それはマンハッタンから始まった」はtver/アマゾンプライム、dvdレンタル、ネットフリックス(ネトフリ)などで見れません

*カラーでよみがえる映像の世紀 第3集「それはマンハッタンから始まった」動画 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】の個人アップロードは違法のため、クリックするとスマホやiphoneなどが故障してもメーカー保証が受けられなくなったりするケースも報告されておりお勧めしません

番組に関係のないゲーム実況動画を無断転載してのアップロードされた動画をクリックしてしまい、携帯やスマホ、パソコンなどがウイルス感染するケースもあるため触らないほうが無難です

紹介リンク先で紹介している公式サイトで見ることをお勧めします

————————-
1995年に放送された「映像の世紀」のモノクロ映像をAI技術によってカラー化することに挑む。アメリカの1920年代の華やかさが、鮮やかにカラーでよみがえります。
番組内容

今回カラー化を試みるのは、空前の繁栄を築いたアメリカの1920年代を描いた「第3集それはマンハッタンから始まった」。ニューヨークでは、高層ビルが林立し、大衆文化が花開き、株ブームが広がった。この華やかな時代を、AI技術でカラー化、さらに時代考証を重ね、再現する。リンドバーグの勇姿、ジャズエイジ、ベーブ・ルースが鮮やかなカラー映像でよみがえる。そして迎える大恐慌。強烈な光と陰の時代を追体験する。
出演者

【語り】山根基世

カラーでよみがえる映像の世紀・第3集「それはマンハッタンから始まった」見逃し配信・動画再放送2022年3月28日フル無料視聴はU-NEXTで配信その内容

U-NEXTのオススメ点は、映画だけでなく、主要なエンタメがまとめて楽しめる点にあります。NETFLIXなどで言うと、映画や一部のバラエティ番組など限られた作品になり、意外と観たい作品が少ないという感想を持つことがあるのですが、U-NEXTであれば、実に220,000本という莫大な数の作品が観放題ということでこれだけの数を揃えてもらえれば、必ず1本は観たい映画が見つかると思います。そして、映像だけでなく漫画や雑誌も楽しめる点が他のサブスクリプション映像サービスと比べて大きな違いになると思います。映画やドラマが好きな人は漫画も好きな人という人は多いと思うので、そういった方はU-NEXT以外のメディアだとコミックシーモアなど他の漫画読み放題のサービスを使う必要がありましたがU-NEXTだと他のサービスを使う必要が無く、まとめて楽しめるのは大きなメリットだと思います。また、昨今の日本映画やドラマなどは漫画を原作にしている作品も非常に多いので、映画を楽しんだ後にその作品の原作漫画が気になったときにU-NEXTであればすぐに原作を読めるという点も嬉しいです。また、コロナ禍の昨今で急増した配信ライブに関しても、U-NEXTであれば楽しむことが出来るので、最初にお伝えしたように映画・音楽・漫画・バラエティといった全てのエンタメをまとめて楽しみたいという方に非常にオススメなサービスになります。

カラーでよみがえる映像の世紀・見逃し配信・動画再放送2022年3月28日あらすじ

カラーでよみがえる映像の世紀 第3集「それはマンハッタンから始まった」というタイトルを見て一体どんな番組なんだろうと興味を持ちましたね。なんでも昔放送した番組が白黒映像だったものを今回カラーにして甦らせたということらしいです。これはすごい技術だと思いますね。最近の技術の進歩は目を見張るものがありますよね。素直に鑑賞したいと思います。内容は1920年代のアメリカのニューヨークの様子を描いたものらしいです。熱気や希望に満ち溢れていた時代なんでしょうね。とても興味があります。ニューヨークがどんな感じだったのかカラーで見たい。1920年代の映像なんて白黒映像しかないでしょうから今回カラーで見ることができるというのはとても贅沢なことだと思います。高層ビルが立ち並び始めた頃の激動のニューヨークなんて考えるだけでワクワクしてしまいます。ベーブループなどが活躍した時代らしく、そのベーブルースもカラーで拝めるとは素晴らしい。これは家族皆で有り難く正座しながら鑑賞する番組だと思いましたね。こういう技術ができたのならこれからもどんどんカラー化していって放送してほしいですね。期待しています。ナレーターの山根基世さんも好きなので嬉しい。

カラーでよみがえる映像の世紀・第3集「それはマンハッタンから始まった」見逃した方みどころ

1920年代のアメリカの映像を、鮮やかなカラーでよみがえらせる番組です。AI技術によってカラー化される、モノクロ映像の数々から目が離せません。当時のニューヨークでは高層ビルが林立し、大衆文化が花開き、株ブームが広がりました。この華やかな時代を、カラーで見られると思うと、ワクワクしますね。カラー化だけでなく時代考証を重ね、再現する映像はリアルなものとなりそうです。まずよみがえるのは、リンドバーグの勇姿です。彼は1927年にニューヨークとパリ間の、大西洋横断無着陸飛行を成功させ、世界的に有名になりました。現在も空の英雄として語り継がれる、彼の勇姿は必見ですね。続いてよみがえるのは、ジャズエイジです。ジャズエイジは、アメリカの1920年代の文化・世相を指す言葉です。この時代の寵児であった小説家、F・スコット・フィッツジェラルドの作品が、由来となっているようです。戦後の繁栄と開放感に溢れたアメリカの様子が、よく分かる映像となるのではないでしょうか。さらにベーブ・ルースも、鮮やかなカラー映像でよみがえります。野球の神様と称される彼もまた、この時代に活躍していました。そんなベーブ・ルースの勇姿からは、当時のアメリカの熱気も伝わってきそうですね。そして1929年に訪れた大恐慌、そのためこの時代は「黄金の20年代」と呼ばれる一方、「狂騒の20年代」とも呼ばれることになりました。当時のアメリカが放った強烈な光と陰、その両方を追体験できる番組となりそうです。

総評

1920年代。日本では大正時代。列強に追いつこうと必死、政治的な運動や事件も多発、関東大震災という大災害。ヨーロッパでは、ムッソリーニやヒットラーが台頭。世界恐慌。チャップリンは無声映画で社会を風刺しました。暗い印象の強い時代です。暗い印象に拍車をかけているのが、モノクロの映像であると思います。実際には、人々は色とりどりの服を着て、真新しい建物の中で飲んで食べ、カラフルな自動車が行き来する光景があったはずです。重工業が発達し、世界恐慌や戦争に至る前の古き良きアメリカの風景や人々を、当時の本物の色で見ることができたら、時代の印象は変わると思います。最近では、古めかしい茶色をした日本の寺社も、建立時には鮮やかな朱色に塗られて金銀の装飾を施されていた様子を再現画像で目にすることができるようになりました。先日スマートフォンのアプリで、モノクロ写真のカラー化をしてみました。子どもの頃の両親が、とたんに生き生きとして、古めかしい風景が現代の様子に近くなり、まさに命を吹き返したようでした。二次元の写真でもそのような体験ができました。これが動画であれば、現実感はさらに大きく、その場にいるように感じられるはずです。カラーで見てみたい時代の風景はたくさんあります。マンハッタンは、子どもの頃にあこがれて、20代で一度だけ旅行したことのある場所であり、とても興味深い場所のひとつです。

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

カラーでよみがえる映像の世紀・第3集「それはマンハッタンから始まった」見逃し配信・動画再放送2022年3月28日フル無料視聴NHK総合はこちら