TV

わんにゃん 絆日記 動画 見逃し配信nhk Eテレ 再放送 2022年3月30日フル無料視聴

わんにゃん 絆日記 動画 見逃し配信nhk Eテレ 再放送 2022年3月30日フル無料視聴

ということで記事をお伝えします。

下記で(無料視聴できます)

↓ ↓

わんにゃん 絆日記 動画 見逃し配信2022年3月30日 再放送 フル無料視聴はこちら

U-NEXTで配信しています

わんにゃん 絆日記 3月30日
わんにゃん 絆日記▽保護犬・猫と人▽幸せになるまでをつづった日記▽語り本郷奏多
NHKEテレ
*わんにゃん 絆日記の放送地域、関西(大阪)愛知県(名古屋)や北海道、仙台、静岡、広島、岡山、鳥取、島根、福岡など放送局にない方でもネット動画配信オンデマンドで見れます

*わんにゃん 絆日記はtver/アマゾンプライム、dvdレンタル、ネットフリックス(ネトフリ)などで見れません

*わんにゃん 絆日記動画 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】の個人アップロードは違法のため、クリックするとスマホやiphoneなどが故障してもメーカー保証が受けられなくなったりするケースも報告されておりお勧めしません

番組に関係のないゲーム実況動画を無断転載してのアップロードされた動画をクリックしてしまい、携帯やスマホ、パソコンなどがウイルス感染するケースもあるため触らないほうが無難です

紹介リンク先で紹介している公式サイトで見ることをお勧めします!

————————-

わんにゃん 絆日記/番組内容

わんにゃん 絆日記▽保護犬・猫と人▽幸せになるまでをつづった日記▽語り本郷奏多

人に心に開かないチワワのミニ▽保護猫24匹とボランティアの1日▽▽飼育放棄されたコギーのマクロスが新しい家族に出会う

保護猫を世話するボランティア▽預かりボランテイア▽保護犬を世話するボランティア

わんにゃん 絆日記 出演者

【語り】本郷奏多

わんにゃん 絆日記 動画 見逃し配信nhk Eテレ 再放送 2022年3月30日フル無料視聴できるサイトはU-NEXT!視聴ポイント

私は現在犬を飼っていて元々は知り合いが捨てられているのを見つけて保護した犬を私が引き取った経緯があるのですが、その他にも飼っていた犬猫を育てられなくなった、道を歩いているところを保護したなどそれ以外にもあるかと思いますが色々な理由で辛い思いをしている犬猫をボランティアで保護してくれている方々をテレビを通して観られるのは考えさせられる部分がありますし、今社会問題になっているコロナ禍であまり考えずにペットを飼って理想と違ったために捨てる人が多いために保護する件数が増えているとニュースを知って心が痛みますが、保護された犬猫には悪い人だけではなく、ちゃんと寄り添ってくれる人もいるんだと知ってほしいですしそこから生まれる絆に感動できるかなと思います。
また、預かりボランティアは保護した犬猫を新しい家族が見つかるように手助けをしてくれるとのことで本当に必要としている方と犬猫を繋ぐボランティアは安易な考えではできないことで実際にされている方は素晴らしいなと思いますし、どうやって保護犬猫を引き取るかわからない方にこの番組を観ていただいて繋がるきっかけになって悲しい思いをしてる犬猫が少しでも少なくなるように私も早く見たいなと思いました。

わんにゃん 絆日記 動画 見逃し配信あらすじ

保護猫とか保護犬のボランティアをしている人たちの特集だそうです。
預かりボランティアというのはどういったものなのかは分からないですが、色々な形があるのですね。
例えば入院中にあずかるとかそういう形なのでしょうか。
私は猫が大好きなので本当は猫が飼いたいのですが我慢をしています。
数年前に猫を飼うチャンスがやっとやって来ました。
別に暮らす家族が猫を保護したのですが、そのアパートで犬は飼っていいそうですが猫はダメらしく、うちに連れて来たのです。
最初は強制的に連れて来られたのでびっくりしてしまいました。
とりあえず保護という形になりましたが、保護しているうちに飼うかどうかも悩みました。
けど、私自身が病気で自分のことで手いっぱいということを理由に飼い主を探すことにしました。
やっぱり私の場合は猫が好きすぎて、猫の気持ちを考えたらちゃんと責任をもって世話をしてくれる人の所にいた方がいいだろうと思いだした結論です。
別れは寂しかったのですが、でも中にはそういう考えではない人もいます。
だからこんなにボランティアが必要なのでしょうね。
責任を持てないなら飼うべきではないのです。

わんにゃん 絆日記見逃した方へみどころ

保護猫や保護犬など、こういう動物たちがいなくなるような世の中になればいいのになと思います。
日本全国にこのような犬や猫たちのお世話をしているボランティアの団体などがあるようです。
本当に動物が好きではないと出来ないことですよね。
必要な餌などは寄付などでも賄ったりしているみたいです。
募金のサイトとかを見ると、こういう犬猫の募金は寄付金が集まりやすいような気がします。
それだけペットの愛好家たちが多いということの表れでもありますよね。
その一方で飼っても捨ててしまう人もいるというのも事実です。
この前ある報道番組を見ていたのですが、そこにゲストで出ていた女性ですが、やむを得ずペットと避難することが出来なかったら新しく飼えばいいと発言していてなんだか悲しくなりました。
こういう人はペットは所詮ものだと考えているのかなと思ってしまいましたね。
ペットも大切な家族の一員ですから、ちゃんと飼うと決めたのであれば家族だと思って最後まで大事にするべきだと思います。
ペットのボランティアの数もまだまだ足りなくて必要な状態でしょうね。
本当は私も何か手助け出来ればしてあげたいくらいです。
この子たちが幸せになってほしいものです。

総評

絆日記ということで、保護された犬や猫たちのボランティアをしている人たちの特集になっているのでしょうね。
本当に動物が好きな人でなければできないことです。
今日本の各地では多頭飼育崩壊なども問題になっていますが、あれは動物に対しての虐待です。
あれで動物が好きなんて名乗らないでほしいですよ。
劣悪な環境で飼われている動物たちが本当に可哀想になってしまいます。
命をなんだと思っているのでしょうか。
確かそういう人達も法律で罰せられるようになったとも聞いたことがあるような気がします。
日本はもっと動物を捨てたりした時の罰則を厳しくしていかないとダメだと思います。
他の国ではどうなのかは分からないですが、ペットショップをなくしている国もありますから、そういう意味では日本は遅れているなと思います。
ただ、保護犬などを飼いたいと思っても色々審査があるそうなので、一人暮らしの人は断られたりすると聞きました。
そういうのもなんとかならないものだろうかと思ってしまいます。

下記で(無料視聴できます)

↓ ↓

わんにゃん 絆日記 動画 見逃し配信2022年3月30日 再放送 フル無料視聴はこちら