TV

(ハートネットtv)( 菊田有祐 学習障害) 動画 見逃し配信 再放送 2022年3月30日フル無料視聴

(ハートネットTV )( 菊田有祐 学習障害) 動画 見逃し配信 再放送 2022年3月30日フル無料視聴

ということで記事をお伝えします。

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

ハートネットtv「“書けない”ボクと母が歩んだ道〜学習障害と共に〜」動画 見逃し配信2022年3月30日 再放送 NHKEテレフル無料視聴はこちら

 

u-nextというサイトで配信しています

————————-

ハートネットTV 3月30日 NHKEテレ

*ハートネットTVの放送地域、関西(大阪)愛知県(名古屋)や北海道、仙台、静岡、広島、岡山、鳥取、島根、福岡など放送局にない方でもネット動画配信オンデマンドで見れます

*ハートネットTVはtver/アマゾンプライム、dvdレンタル、ネットフリックス(ネトフリ)などで見れません

*ハートネットTV動画 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】の個人アップロードは違法のため、クリックするとスマホやiphoneなどが故障してもメーカー保証が受けられなくなったりするケースも報告されておりお勧めしません

番組に関係のないゲーム実況動画を無断転載してのアップロードされた動画をクリックしてしまい、携帯やスマホ、パソコンなどがウイルス感染するケースもあるため触らないほうが無難です

紹介リンク先で紹介している公式サイトで見ることをお勧めします!

————————-

ハートネットTV/番組内容

ハートネットTV「“書けない”ボクと母が歩んだ道〜学習障害と共に〜」

文字が“書けない”。学習障害で苦しむ菊田有祐さんが今年4月から慶応大学へ進学。板書ができず苦悩した小学生時代からの歩みを通して学校で楽しく学ぶとは何かを考える

今年4月から慶応大学に進学した菊田有祐さん(19歳)。極端に書くことが苦手という「学習障害」がある。そんな彼がどうやって大学へ進学できたのか?小学生時代に書く訓練をさせていた母。葛藤の末、母と子が手にした“あるもの”とは。文科省の調査によると「知的発達に遅れはないものの学習面で著しい困難を示す通常学級の児童生徒」の割合は4.5%とも。菊田さん親子の歩みを通して“学ぶ”とは何かを考える。

ハートネットTV 出演者

【語り】堀菜保子

(ハートネットTV )( 菊田有祐 学習障害) 動画 見逃し配信 再放送 2022年3月30日フル無料視聴はU-NEXTで配信番組の視聴ポイント

菊田有祐さんは、学習障害を持っていると言うことです。
学習障害でもいろいろなタイプの方がおられると思いますが、彼の場合は文字が書けない事の障害だと言うことです。
普通の人であれば文字を書く事はできるので、文字を書くことができない世界と言うのはどんなものなのか大沢するのは難しいかもしれません。
当事者にとってはすごく悩みの種になっていることでしょう。
文字が書けない事でどのような不便さがあるかですが、何かを契約したりするときに本人が書かなければいけないことなどが結構あると思うのです。
そのような時は代理で書いてもらうこともできないので苦労するのではないかと思います。
文字が書けない障害がありながらも、一生懸命勉強して慶応大学に入学できたようですね。
普通の人よりも何倍も努力をされたんだろうなと思います。
一般の人でもなかなか勉強を頑張ったとしても入学する事は難しい大学です。
できないことはできないのだから無理をしなくてもいいと思います。
それよりも菊田さんの得意なことや好きなことなど何かあると思いますので、そのような部分を伸ばしていくのが良いのではないでしょうか。
大学生活で不便なことがないのかと気になりました。

(ハートネットTV )( 菊田有祐 学習障害) 動画 見逃し配信 ストーリー

今回番組に登場する菊田有祐さんのことを調べてみました。
文字を書く事は本当に苦手なようです。
小学3年生位になっても自分の名前ですらひらがなで書くことも困難だったそうです。
普通の人ができることでも障害のある人には難しいことです。だから絶対にできて当たり前だなんて言ってしまってはいけないですよね。
菊田さんの凄いところは、小学6年生の頃には自ら学校でタブレット端末を使わせてほしいということを申し出たそうです。
文字を書くこと自体は苦手らしいのですが、タブレットで文章を入力する事はできるらしいのです。
障害がありながら一般の子供たちを同じ場所で学ぶと言うのは大変なことです。
でも、担任の先生や周りの大人たちに恵まれたのだろうなと思いました。同じく障害があっても周りの人がどんな人かによっても全然人生は違ってしまうと思うのです。
小学生の頃に書いた文字読みました、苦手なりに一生懸命書こうとしているのが伝わってきました。
今は本当にタブレットやスマホがある時代で良かったと思います。
そのようなものがあるから菊田さんはだいぶ楽になった部分もあるのではないでしょうか。
努力したからこそ難関大学にも合格することができたのだと思います。

(ハートネットTV )( 菊田有祐 学習障害) 見逃した方みどころ

ハートネットTV「“書けない”ボクと母が歩んだ道〜学習障害と共に〜」の見どころなどを紹介します。まず,「書けないボク」とは菊田有祐さんというお名前で,彼は学習障害という特性を持っている19歳の学生さんだそうです。学習障害とは,文科省の調査でも全国の公立小学校・中学校の通常学級にいる児童や生徒のうち4.5%しかいないといわれていて,まだまだ周りの理解を得るのが難しいようです。学習障害は理解力はあっても読み書きという考えの表出に困難が出る発達障害の1つです。考えがうまくできないので「勉強もできない」と誤解されてしまうこともよくあるそうで,この菊田さんもその一人。そんな菊田さんを支えた親御さんとの歩みを描いた番組です。一番注目してしまうところは学習障害でありながらもなんと慶応大学の学生さんになったところです。「学習障害があるから、勉強とは無縁だ」と諦めないでいてくれて良かったです。未来ある有能な若者がいなくなるところでした。でも読み書きは今の日本の教育システムとは切っては切れない項目です。一体どういう方法で乗り越えたのでしょう?菊田さん本人も努力されたのでしょうが,親御さんのフォローも勉強になるのではないかと思います。疑問はたくさんありますが,まずは「知ること」。当事者が教えてくれる大切なことを知れる貴重な番組に違いありません。

総評

文字が“書けない”。学習障害で苦しむ菊田有祐さんが今年4月から慶応大学へ進学。板書ができず苦悩した小学生時代からの歩みを通して学校で楽しく学ぶとは何かを考えます。今年4月から慶応大学に進学した菊田有祐さん(19歳)。極端に書くことが苦手という「学習障害」がある。そんな彼がどうやって大学へ進学できたのか?小学生時代に書く訓練をさせていた母。葛藤の末、母と子が手にした“あるもの”とは。文科省の調査によると「知的発達に遅れはないものの学習面で著しい困難を示す通常学級の児童生徒」の割合は4.5%とも。菊田さん親子の歩みを通して“学ぶ”とは何かを考えていきます。近年は大人の発達障害という言葉もよく聞くようになり、発達障害に対する知識と理解も一昔前よりかは認識されつつありますが、学習障害というのは、知的な障害がないだけに、当人を苦しめ周囲の理解も難しいと思います。番組を通して勉強でき知識を増やして行けたら良いと思います。最近のハートネットTVのテーマは、珍しいものも多くとても新鮮です。

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

ハートネットtv「“書けない”ボクと母が歩んだ道〜学習障害と共に〜」動画 見逃し配信2022年3月30日 再放送 NHKEテレフル無料視聴はこちら