TV

Where We Call Home (沖縄)見逃し配信動画 再放送 2022年4月5日 フル無料視聴

Where We Call Home (沖縄)見逃し配信動画 再放送 2022年4月5日 フル無料視聴

Where We Call Home 「沖縄から戦火の祖国を思う」は2022年4月5日に放送されます

この番組はU-NEXTというサイトの新規無料登録で無料視聴できます

nhk作品のため、U-NEXTに入ると全NHK作品が見放題無料で31日間見ることができます

下記にて

そのU-NEXTが(無料視聴できます)

↓ ↓

Where We Call Home 動画 見逃し配信2022年4月5日 沖縄 再放送 フル無料視聴はこちら

 

Where We Call Home 2022年4月5日動画配信について

*Where We Call Homeの放送地域、関西(大阪)愛知県(名古屋)や北海道、仙台、静岡、広島、岡山、鳥取、島根、福岡など放送局にない方でもネット動画配信オンデマンドで見れます

*Where We Call Homeはtver/アマゾンプライム、dvdレンタル、ネットフリックス(ネトフリ)などで見れません

*Where We Call Home動画 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】の個人アップロードは違法のため、クリックするとスマホやiphoneなどが故障してもメーカー保証が受けられなくなったりするケースも報告されておりお勧めしません

番組に関係のないゲーム実況動画を無断転載してのアップロードされた動画をクリックしてしまい、携帯やスマホ、パソコンなどがウイルス感染するケースもあるため触らないほうが無難です

紹介リンク先で紹介している公式サイトで見ることをお勧めします!

————————-

Where We Call Home 番組内容

Where We Call Home 「沖縄から戦火の祖国を思う」

沖縄在住ウクライナ出身の本間カタリンさん。ロシアの侵攻に揺れる祖国の平和を地域の人々とともに祈る。アメリカ出身の翻訳家、エミリー・バリストリエリさんの仕事場も。

沖縄在住ウクライナ出身の本間カタリンさんは、特産のニンジンを使ったパンを作り、人気を集めている。そこに届いたロシアのウクライナ侵攻のニュース。動揺する彼女を地域の人々が励まし、支える。沖縄は太平洋戦争で住民を巻き込んだ地上戦で多くの人々が犠牲になった地域。人々はカタリンさんとともに遠く離れたウクライナの平和を願う。東京で活躍するアメリカ出身の翻訳家、エミリー・バリストリエリさんの仕事場も紹介する。

————————-

Where We Call Home 動画 見逃し配信 2022年4月5日 再放送 フル無料視聴はU-NEXT !その内容

U-nextの何がいいか、それは人によって良い所と思える部分とそうでない部分があるでしょうが、少なくとも利点とされている部分としては人気作品の配信が早いことでしょう。全ての映画というわけではないですが、映画の最新作などはかなり早く配信されることが多く、映画好きであればU-nextで、といえるくらいにはよいことであるといえるでしょう。但し、最新のものは見放題の対象ではないことが多いのがちょっと、という部分があるでしょう。しかし、そのあたりもU-nextはしっかりとフォローしています。それが毎月もらえることができる有料のコンテンツに利用することができるポイントです。それによって有料のコンテンツの方も自分の好きなタイミングで見ることができるようになっています。有効期限がないわけではありませんが必ず毎月そのポイントは使わなければならないというわけではないので、ゆっくりと計画的に使えることも魅力的な部分でしょう。電子書籍を見るサービスもあるので映像のコンテンツのみではないというところも強みです。かなり幅広い娯楽、視覚によるエンターテイメントを総合的に提供してくれるということになります。そこがU-nextの魅力であり、素晴らしいところであるといえるでしょう。

Where We Call Home 動画 見逃し配信 あらすじ

昨晩私はネットで交流しているウクライナ人の方と遅い時間までメッセージのやり取りをしていました。
ウクライナ情勢のことには何も触れず、お互い共通の好きな話で盛り上がりました。
そんなに交流している人ではなかったのですが、別のSNSでもやっと相互フォローして距離が近くなったようで凄く嬉しかったです。
だからこそ今私はウクライナが置かれてる状況というのがとても心配でならないのです。
この番組に出てくる方は沖縄に在住されている方です。
やはり日本に住んでいるウクライナの方も沢山いると思うのですが、帰国が出来る状況ではない為凄く心配だし不安でしょう。
カタリンさんのご家族の方は避難されたのでしょうか。それともまだ残っているのでしょうか。
テレビを見ていると、ウクライナの家族に連絡が取れない方などもいるみたいです。
沖縄の人達も今のウラライナと同じように70年以上前に激しい地上戦を体験しました。
信じられない話ですよね。人が住んでいる所を攻撃してくるのですから。
だからウクライナで起きていることに関心がない人たちも決して他人ごとのように思ったらいけないと思います。
ウクライナの為に何かしてあげることがないだろうかとよく考えているのですが答えが見つからずもやもやしています。

Where We Call Home 見逃した方

戦争は災害に似ているところがあって、たとえば未曽有の被害を出した東日本大震災も、東北の人と九州の人では同じ心を痛めるにしても、その感度みたいなものが違います。今回のロシアによるウクライナ侵攻も、地上戦が行われていることや、生活している市民が無差別に巻き込まれていることなど、太平洋戦争での沖縄戦と似たところがある。その意味で同じ日本人でも沖縄のおじいやおばあの方が、そしてその土地の記憶として語り伝えられたものを直接聞いている沖縄の人たちの方が、感度は高いように思えます。そんな沖縄の人たちとウクライナ出身の人とがどう寄り添い、支援を拡げているのかとても興味深いものがあります。そしてそれは人道支援の在り方を考える上での一助になるし、ロシアとも国境を接する日本にとって問題提起となるのではないでしょうか。また市場や経済のグローバル化は結局のところ戦争を抑止できませんでした。しかしグローバル化によって情報や人は世界に大きく広がり、日本にも多くのウクライナ人やウクライナと関係のある人が存在します。そのような面でも、これからの時代の新しいグローバル化というものを市民ベースで考える上で、大きな参考になるように思います。

総評

インターネットに存在するサイトは数十億と言われています。その中には違法サイトも星のほど転がっており、利用者も多く、膨大なアクセス数を集めています。これら違法サイトは閲覧するだけで多大なリスクを背負う羽目になるかもしれません。法的な話に限らず、悪質な広告、スクリプト、ウイルスなどが仕込まれていることが多いのです。
まず、マイニングというものがあります。マイニングとは発掘の意で仮想通貨を用いられる際に手段を指します。このマイニング、実はサイト閲覧者にスクリプトを読み込ませてやらせることが可能です。読み込んでしまうと、サイト閲覧者の機器リソースを使われてしまうのです。機器の電力を落とされて、寿命を縮められてしまいます。
ウイルスやスパイウェアの感染リスクも上がります。違法サイトの場合、運営者が悪意を持っていることが多く、酷いサイトだとページを閲覧しただけでウイルスに感染する恐れがあります。システムやウイルス対策のソフトで止めきれない悪質なウイルスに感染させようとする危険なサイトもあるので控えることをお勧めします。また、悪質な広告も存在します。違法サイトの運営の目的は主に金銭目的なので、その手段として広告掲載を利用していることが多いです。違法サイトの広告は通常のサイトには設置できないアダルトやギャンブル的なものが多くて、決してクリックしてはいけないので気を付けましょう。

下記にて

そのU-NEXTが(無料視聴できます)

↓ ↓

Where We Call Home 動画 見逃し配信2022年4月5日 沖縄 再放送 フル無料視聴はこちら